FC2ブログ

京都にて 「生い立ち学」を学ぶ

昨日のブログの続きである。
松下資料館の後は、京都駅前にあるセミナー会場へ。京都訪問の本来の目的である株式会社ヒトミの人見社長の講演に出向いたのだ。

元小学校教諭の原田良子さんが主宰する「生い立ち学」。その第1回の講師として登壇されたのが人見社長。

hitomisi

自らの生い立ちを隠すことなく建前もなく、ユーモアを感じさせながらも真摯に語られた。幼少の頃のハンディを克服され、神童と呼ばれながらも挫折した学生時代を過ごし、多くの人との出会いから価値観を創り、自らを成長されてきた。その生き様が「生い立ち学」と呼べるのだろう。

人見氏は僕と同級生。しかし、その背景は全く異なる。僕は勉強は大したことはなかったが、健康で体だけは丈夫。小学校も皆勤で病気知らず。そこだけが取り柄の子供だった。
人見氏はその真逆。自らのハンディを学問という強い武器で跳ね返されてきた。何も考えずに過ごしてきた人生とずっと頭を使ってきた人生。そこには大きな差があり、その差があるだけ尊敬に値する。

そんな人見氏と僕が共通する点と言えば、「人との出逢い」。
そのレベル差はあるものの、多くの人と出会いに影響を受け、現在に至っている。だが、出会いは勝手にこちらにやってこない。自分が行動し、相手にぶつかった時、初めて本当の出会いとなる。

名刺交換を一度行ったくらいでは本当の出会いとは言えない。そんな事を改めて教えてもらった。自分より優秀な方とお付き合いさせてもらうことは、相手がどう感じるかはともかく自分にとってはありがたいこと(笑)。

この講演でも使われた森信三先生の言葉
「一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に。ただし内に求める心無くば、縁は生ぜず」
まさにこの日と言えるだろう。

人見氏とはこの後行われた懇親会だけでなく、ホテルのbar、京都の有名ラーメン店ラーメン第一旭までご一緒頂いた。

hitomi1453

hitomi1452

中津川の名経営者と一緒に12時過ぎに行列に加わりながら・・・(笑)。
いずれも話題の中心は経営や仕事、組織のこと。僕はそんな時間がとても好きだ。単なる酔っ払いと思われるだろうが、貴重な時間だ。

京都の夜に感謝。お疲れさまでした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

京都にて 松下資料館に行く

ちょうど1週間前の話である。盟友であり愚か者副本部長である櫻山さんと京都に出掛けた。観光ではない。言い訳ではなく本当に観光ではなく、経営のお勉強に出掛けたのだ。

目的は2つ。京都駅近くにある「松下資料館」見学と京都の名経営者と呼ばれる株式会社ヒトミ人見社長の講演を拝聴するためにである。今日のところは「松下資料館」。
僕は1年前に「松下幸之助歴史館」へお邪魔したが、こちらは初めて。こんな立地のいい資料館が電話一本するだけで無料で利用ができる。

matusita1451

迎えてくれるのはもちろん幸之助氏。「神様の女房」の奥様も一緒に出迎えてくれる。ドラマとイメージは全然違うがそんなことはどうでもいい(笑)。

入館しての第一印象はイオン歴史館とそっくり。同じ方がデザインしたのだろうか・・・。

matusita1454

いくつかのテーマ(経営、人材育成、生き方など)に分かれており、それぞれにビデオの視聴コーナーがある。これをすべて制覇しようと思うと一日掛けても終わらないだろう。僕は以前にも訪問されてことのある櫻山さんのおススメを視聴。

部下の方が幸之助氏との関わりを語られる。その大半が叱責を受けたエピソードを語られている。仕事のやり直しをさせられたとか給料を返せと言われたとか、結構理不尽な話が多かったりする。それも相当過激で感情的だったりする。

しかし、部下の方は実に嬉しそうにそれを語っている。本人にとってはいい思い出になっているんだろう。誰に叱られるかによって本人の受け止め方は異なる。嫌いな上司に叱られるのであればイヤな思い出にしかなっていないはずだ。

matusita1452

そして、大切なのはリーダーとしての在り方。

リーダーの心得十カ条
1.仕事・商売を公事と心得る
2.すべて最終的に自分の責任と心得る
3.率先垂範とする
4.人材育成を重要任務と心得、実践する
5.部下が働くのを邪魔しない
6.適性、実力に見合った仕事に取り組む
7.人情の機敏に通じる
8.いざというときの覚悟を日頃からもつ
9.心配こそ生きがいと心得る
10.仕事を好きになる


果たしてどれだけ実践できているだろうか。う~ん、反省・・・。

それにしてもこの立派な施設。パナソニック社員と思しき団体客以外は誰も入館者がいない。庭園シアターは男2人で貸切であった。実に勿体ない。

matusita1455

これだけ生きることについて学べるのであれば、修学旅行のコースに含めてしまえばいいのにと思ってしまった。
結局、開館時間ギリギリまで滞在し、勉強させてもらった。

こんな愚かの行為もしながら・・・。

matusita1456

松下政経塾で幸之助氏が実際に座っていた椅子。こんな表情をしてたんじゃないかな・・・。
ありがとうございました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

世界最古の企業に学ぶ

23日(金)から今日までは東京でファミリービジネスについて学ぶ。

ginza1452

一昨日は「世界最古の企業 金剛組」というタイトルで講演を拝聴した。金剛組が以前ビジネス誌で紹介されていて、世界で一番古い会社であることは知っていた。
宮大工の集団で四天王寺をはじめとする社寺の建築を行っていたことを知る程度だけだけど・・・。今回はその背景や事業継承について多くの学びを得た。

そもそも日本は伝統的な企業が多く、創業200年以上を有する企業は3113社だという(出所によって多少異なる?)。おとなり韓国はゼロ、中国も64社しかない。2位のドイツも1563社でダントツ1位。
その99%がファミリービジネス(同族企業)というから日本がいかにそれに支えられているかはデータだけでも認識できる。

その中でも最も歴史があるのが金剛組。創業が578年だから1400年以上続いている。実際には2006年には高松建設に株式譲渡されているので、ファミリーとは言い難いが現存では間違いないようだ。
(ここ最近はドロドロした部分が多いようだけど・・・。あまり語らないでおこう(笑))

同族企業がいかに継続するかは、その家訓や創業の理念がいかに浸透し継承されているかが重要だという。もちろん外部環境も大切で、韓国や中国にファミリーが少ない理由は戦争が多いなど民族間の争いが絶えない背景もあるとのこと。

NHKドラマ「黒田官兵衛」の世界もあるが、国民全体をぶち壊す争いではないことも大きい。そしてもっと大切なのは老舗は何にこだわるかを明確にできているかどうか。

金剛組は社寺の建築にこだわり、近代建築に流れなかったため、そこまでの歴史を描いてきたようだ。それが老舗として守り続けなければいけない面であり、過去歴史のある企業が淘汰される背景はむやみに選択した多角化が原因でもある。

最終的に金剛組が最終的に他の資本に渡ったのも、創業の理念から離れていったことが大きな理由であるようだし・・・。大きな声では言えないが、銀行が足を引っ張るケースも多いみたい。老舗だから大丈夫とお金は貸すようだけど。それではちょっとね・・・(汗)。

結果的にファミリーに限らず企業が存続する要因は地元地域との関係性であり、顧客との関係性であり、技術・技能の維持であり、後継者育成である。他にも脇役の存在もあるが、国内に限らずヨーロッパのようなファミリー大国も同様のことが言えるようだ。聞けば聞くほど大変な世界だと思えてくる・・・。

昨日の研修はガバナンスが中心。その前にあまりに天気が良かったので、一人寂しく皇居を走ってみたり・・・。

ginza1452

こんな標識が今はずらっと並んでるんですね・・・。

ginza1451

老舗企業を学びながら繁栄と衰退を知ることとなったのでした。
今日も一日真剣に学びます。途中で眠くなってしまうかもしれませんが・・・(苦笑)

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

内定辞退者からの手紙

ゴールデンウィークも明け、就活生の明暗が分かれている頃。第一志望の企業から内定をもらい順調に就職活動を終えた学生、思うように選考が進まず、落ち込んでいる学生。

その背景は様々で、落ち込んでいる学生さんの気持ちは理解できるが、ここはしっかりと継続してもらいたい。企業側も思うように進まず、苦戦している会社も多いわけだから・・・。

ちょうどGWの合間に日経にこんな記事が出ていた。

naiteijidai142

内定辞退のあった学生に厳しい言葉を浴びせる人事担当の記事が・・・。この気持ちも分からなくはない。
ずっと採用のお手伝いをしていて、採用担当者の苦労もよく理解している。学生を罵倒したくなる気持ちもよくわかる。しかし、罵倒したところで何の解決にもならない。企業イメージがダウンしてしまうだけのことだ。

ご多分に漏れず、うちの会社も先日、1名の内定辞退があった。しかし、僕はここに書かれていることとは逆で清々しい気持ちになった。
その学生さん(Yさん)には内定を提示する段階で昼食を共にしながら、いろんな話をさせてもらった(他の内定学生も同様に)。

その時に、もう1社だけ選考を受けたいという正直な気持ちを聞いていた。名大社に魅力は感じるが、その企業も魅力に感じてると・・・。結果的にYさんはその会社から内定が出て、うちを辞退することになった。

その会社はこの東海地区を代表する企業。100名いたら99名は、うちではなくその会社を選ぶ(1人は変わり者がいるだろうと・・・笑)。
トップの僕がこんな惨敗宣言をしているようでは情けないが、残念ながらこれが正当な実力。そこは素直に認め、自分たちが選ばれるよう精進していかねばならないだけ。

Yさんはまずは電話でその旨を伝えてきたのだが、直接、会って話をさせてもらいたいと言ってきた。後日、採用担当である名大社女子と一緒に会うことにした。
Yさんは菓子折りを持参で会社に来てくれた。会社説明会から選考に至る過程への感謝、かなり迷っての決断など、これまでの事を飾らず正直に話してくれた。そして、僕と名大社女子に手紙を渡してくれたのだ。

naiteijidai1413

手紙の内容は恥ずかしいので割愛するが、こんなケースもあるのだ。
確かに残念ではある。しかし、このような信頼関係を築けるのは僕にとっては嬉しいこと。僕はYさんを応援するし、Yさんは名大社を応援してくれるだろう。

内定辞退という結末は決して不幸なことばかりではない。
そんなことを教えてもらったような気がした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

『旅人として生きる』

sawaki04055

昨日は待ちに待ったGWのメインイベント沢木耕太郎氏の講演会。講演タイトルは「旅人として生きる」。
しかし、沢木氏が演台に立つなり、いきなり発せられた言葉が「旅人として生きるというこのタイトルは最悪だ!」。いきなり会場をどっと沸かせた。

旅人の定義がないのに、勝手にくくって欲しくないと・・・。こんなユーモアがある方とは全く思わなかった。冒頭からやられてしまった。

沢木氏は年1~2回くらいしか講演は行わないという。依頼は多いのだが、講演を入れてしまうと自由気ままに海外に行ったりすることができなくなることが大きな理由。
せっかく自由に生きていくために努力をし続けその時間を確保できるようになったのに、講演を入れるとその努力が無駄になってしまうという。何とも沢木氏らしいコメントだ。

昨日の講演は2時間程度。沢木氏の気が赴くままに自由な話され、後の質疑応答も懇切丁寧に切り返されていた。
僕は午後の時間の講演会はどうしても寝落ちする時間が出てしまうが(苦笑)、今回はこれっぽっちもそんな時間はなかった。全ての話に魅了された2時間であった。

タイトルのあるような話はほとんどなく(笑)、ご自身が生まれてからどんな方から影響を受け、何をきっかけにこの世界に入ったのかを興味深く話してもらった。
それは僕がこれまでの著書で読んだことのない初めての話ばかり。いやあ~、本当に参加してよかった。

これでは何の話をされているのかサッパリわからないと思うので、一つだけ紹介すると沢木氏は「旅人としては生きていない、ソロとして生きている」ということ。

自らソロとして生きることを選択し、そのために仕事における専門性を磨き、仕事では誰にも負けないくらい手を抜かず、生活面で何でもできる自分になり、学び続けることを放棄しない。

それがソロとして生きることであり、自己の背丈を伸ばすことだという。
僕のチープな表現では意味不明かもしれないが、僕には腹落ちする内容。彼の生き様を直接伺うことで、僕がなぜ沢木耕太郎に魅かれるのか、ようやく理解することができた。

今回の講演は200名近い方が参加され、参加者は僕より若い方が中心。20代、30代の方が多かったように思う。
そんな中で60代半ばの沢木氏は自然体で距離感を作らず、カッコつけることなく、それでも実に爽やかに喋られていた。

インタビューを受ける側が何故沢木氏に心を開いてしまうのかが分かるような気がした。こんな人に取材を受けたら、誰しも不安を感じることなく、どんなことでもオープンにしてしまうだろう。沢木氏の魅力を更に感じ、ますますファンになってしまった。

ちなみに僕の席は前から2番目。それもほぼ正面。何度となく、目が合ったような気がする(笑)。知人に案内してもらったのだが、これにも感謝!
今回は貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-