FC2ブログ

「就職活断層」って、何だ!

昨日の午後は、午前中からの流れでHRプロ主催のパネルディスカッションに参加した。

テーマは「企業と学生のミスマッチを引き起こす根源と対策提言」。パネラーは普段お世話になっているパフの釘崎社長と「就活格差」の著者 常見氏、HRプロの寺澤社長の熱い3名。
大学進学率が50%を超え、ゆとり教育の影響もあり、学生の取り巻く環境は以前に比べ、大きく変わっている。この環境をどうしても否定的な見方で捉えてしまうケースが多いが、これを必ずしも学生や教育の責任に擦り付けるのではなく、それを受け入れる我々も意識や行動も変えなければならないというのがパネルディスカッションの前提であろう。

確かに主体性が足りないとか、携帯文化の発達でリアルなコミュニケーション力が不足しているという問題もある。
しかし、本質的な人としてのあり方は以前とは大きくは変わらないし、ITリテラシーなんかは向上しているといういい面もある。
企業全般に余裕がなくなったため、もしかしたら必要以上に学生に対し即戦力化を求め、期待しすぎる事が学生を苦しめてしまっていることもあるだろう。そのため学生も就職活動にがんじがらめになり、型にはまってしまう傾向があり、就活をネガティブな行動としか考えられないように仕向けてしまっているのかもしれない。

その責任の一端は就職情報を提供する我々にもあり、釘崎さんが仰られた学生に対し「懺悔しなければならない」という言葉はそれを物語っている。もっと前向きに学生を理解する必要もあるだろう。

不況が続き買い手市場になると、一般的に「就職氷河期」と表現されることは多い。最近の各メディアが発信する情報もそうだし、我々が現状況を言い表すにはわかりやすいキーワードだ。しかし、それは必ずしも当てはまらないのだという。

今回のパネルディスカッションでは、
「就職活断層」
と表現されていた。
学生と企業のずれ、大学と企業のずれ、時代とのずれ、このずれが現在の学生を生み出しているというのだ。決して求人倍率は低くなく、採用する側も苦戦しているケースも多いのも関わらず。
となると「就職活断層」という表現は正しいのかもしれない。学生が真面目に就職活動を行う事が前提なら、我々はもっと正直に情報を伝え、よりよい機会を提供して、ずれを修正しなければならない。

この日は、夕方から老舗広告会社に勤める大学時代の先輩を訪ね、名古屋へ帰るまでの時間を共にした。銀座のガード下にある寿司屋に連れていただいて・・・。

既に25年ほどの付き合いになるが、何等変わることなく続く関係は、僕にとってもありがたいことだ。尊敬できる先輩はいつまでもそのような存在であって欲しいし、いくら年齢を重ねようがその接し方は変わることはない。その前の晩に続く楽しい銀座の夜だった。

東京での2日間の行動を珍しくブログに3日間に分けて書いた。それだけ価値のある時間だったのだ。

スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-