FC2ブログ

刺激と感動の一日

昨日は名大社が加盟するふるさと就職応援ネットワーク(Fネット)の幹事会が開催された。
当社は正式な加盟後、2回目の出席になるのだが、ここではFネットの取組みとしての話合い以外に、多くの情報が得られるのも貴重だ。各地域の就職情報サービス会社の社長が集まるのだから、当然と言えば当然なのかもしれないが、業界が厳しい現状の中で、奮闘している姿をリアルに伺えるのは大きい刺激だ。

今回もいくつかのテーマに沿いながら、加盟各社の新たな取組みの話が聞け、学ぶことが多かった。その後の懇親会。こちらも楽しみの一つである。
日本橋にある鉄板焼きのお店で、旬な素材を味わいながら、情報交換をさせて頂いた。この日(正式にいえば翌日)は、日本にとっても、僕にとっても重要な日である。普段であれば喜んで参加する二次会も遠慮しようと当初は考えていた。
しかし、そんな意志はお酒の力であっさりと崩れ、有志でのカラオケに参加。そこでも3時間も盛り上がり、終わる頃には、ただの酔っ払いになってしまった。

ホテルにチェックイン後、すぐ就寝したが、愚かなことに目覚ましをセットするのを忘れていた。
しかし、体は反応するのか神からの報せか、4時少し前にパッと目が覚めた。やばいと思い、すぐにTVをつけるとちょうど本田がゴールを決め、サポータのもとへ走っている瞬間だった。一瞬、何のことかわからなかったが、その後のVTRで、その内容が理解できた。
そこから目はすっかり覚め、TVの前に釘付け状態となった。2点目の遠藤のゴール、川島の拳を地面に叩きつける悔しさいっぱいの表情、長友の果敢な上りとシュート、そして、本田から岡崎へのやさしいパスから生まれたゴール。全てが感動の連続だった。

その中でも僕自身が印象に残ったのが、ハーフタイム終了時に中村俊輔が、ピッチまで出て、戻ってくる選手にねぎらいの言葉をかけ、肩を叩いている場面。実に美しかった。日本代表がチーム一丸となって、戦っていることを象徴していたシーンだ。俊輔本人の立場からすれば、自分がピッチに立てない悔しさもあるだろうが、そんなことは関係ない。チーム全員で戦うことが重要なのだ。このシーンを見た時点で、僕はこの試合は間違いないと確信した。

この日は会社のメンバーと会うことができず、喜びを分かち合うことができないのは残念であったが、気持ちはきっと同じであろう。

刺激と感動が重なった素晴らしい一日だった。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-