FC2ブログ

孫正義氏の思い

Twitterで孫氏をフォローしていると、日曜の夜には、「始まるぜよ~。正座するぜよ~。」なんていうツイートが流れてくる。「龍馬伝」が始まる前の孫氏のつぶやきである。

先週、今週の2週に亘ってTV東京の「カンブリア宮殿」に孫正義氏が登場していた。その孫氏の社長室には最も尊敬する坂本龍馬の写真が等身大で飾られている。
Twitterでは毎週必ずといっていいほど、この番組が始まる時には、つぶやいて姿勢を正すのが尊敬の証だ。
村上龍の「何故、坂本龍馬か?」の質問に、私心がなく、これからの日本を考えていたことと応えていた様に思う。これまで、僕は孫氏を野望に満ちた事業家と捉えていた。しかし、この番組を見る限り、その考えは否定される。
もちろん100%でないにせよ、ただ自分の名誉と財産目的でないことが、その孫氏の発言から伺うことができた。その誤解に関しては素直に反省すると共に、これまで歩んできた人生から彼の成し遂げたいその先にある想いを感じる事となった。

名大社の執務室よりも大きいくらい広い社長室や1000名も収容できる豪華な社員食堂など、パフォーマンスとしての姿も見えることはできるわけだが、
「誇れるようなものは何も持ってない」
「ちっぽけな人が集まったら面白い事ができる」
「麗しき誤解のうちに他人の褌で勝負する」
など、これまであまり孫氏をイメージさせない発言は、観る側にとっては刺激的であった。

高校生の段階で事業家になる事を決意し、逆境こそがエネルギーを与えるなどと飄々と発言される姿には、同じ経営者としても格段の差を感じて止まない。

彼の大いなる理想、理念、ビジョンに対して、酒に酔いながらこのブログを書いている僕は、爪の垢を煎じて飲まなければならない。

(勉強になりました。)
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 孫正義 カンブリア宮殿 村上龍 Twitter

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-