スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グデングデンを日記で振り返る。

名大社では、毎月月初の月曜日に早朝会議を行っている。
そこでは前月の収支の報告から今月の具体的な取り組み、各個人の目標設定に対しての進捗具合の話をするわけだが、それとは別に毎回一人ずつのプレゼンタイムを設けている。

プレゼンテーマは社員の経験年数で異なる。若手であれば「自分プレゼン」と称し、自己の強みや仕事での成功体験を語ってもらい、ベテランであれば「若手社員に伝えたい!私の武勇伝」として、これまでの名大社人生の中の武勇伝を語ってもらう。

若手社員はパワーポイント必須だが、ベテランはオールフリー。
ルールは15分という制限時間があるだけ。既に10名の社員にプレゼンが終了した。そこにはそれぞれ個性があり、ドラマがあり、愉快な場面があり、苦労があり、教えがある。我ながらいい企画を立てたと自画自賛状態だ。

そして、来月7月はいよいよ僕の番だ。
今更感がないわけでもないが、これは平等の機会。立場が偉かろうが関係ないのだ。

そこで、若かりし頃を振り返るために30歳の時から書いている日記を引っ張り出し、読み返してみた。

人間って、やはり忘れる動物だ。書いてある内容がさっぱり記憶にない出来事も多い。しかし、読み返すことにより、その当時のシーンが思い出されることも多い。
勘弁してもらいたい出来事もあれば、とてもブログでは書けない出来事もある。それを含め、振り返ってみるのは随分と楽しい作業だ。かなり疲れるけど・・・。

その日記に中から、いくつかの強烈なインパクトのあった会話の中味を引き出し、今回のプレゼンでは話すことに決めた。乞うご期待!。

日記を読みながら、改めて痛感するのは、自分は飲んでばっかりの人生だなということ。よくもまあ、飽きもせず、飲んでばっかりいるもんだ。3日に1回はビールという単語が出てくるのではないのかな。
情けない気もするが、それもまた僕が辿ってきた人生である。もちろん、真面目なこともたまには書いてはいるが、圧倒的に酒ネタが多い。

プレゼンは真剣な場なので、あまりくだらない話は避けるつもりだが、機会があれば、そんなグデングデン話をしてもいいのかなとも思う。
これも日々、へこたれず日記をつけているおかげだろう。

話は飛ぶが、次回は日記とブログの違いについても書いてみたい。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

揺れる?株主総会

全国的に株主総会が開催される本日、某インフラ企業の株主総会に出席した。(どこかはすぐ分かってしまうかもしれない。)

目的は二つ。
一つは毎日のように報道されている原子力発電の問題に対し、株主の問題意識や発言はどんなものなのかということ。
そして、もう一つは、同じ株主総会を運営する者として(ちょっとレベルが違いすぎるけど・・・)、経営陣がどんな対応をしていくか確認したいということ。

10時開催の15分前に会場に着いたのだが、既に受付は長蛇の列。会場内の席も満席で、待合席に並べられた席に座り、モニターを見ながら話を聞くことになった。
例年、これくらいの株主が参加されているかわからないが、話題の中心である企業でもあるため、その出席者の多さには驚いた。

モニターを見ながらの議事進行は臨場感がなく物足りない。ついウツラウツラしてしまった。内容は事業報告など一般的な説明が中心である。
その後、設けられた株主からの質問。待合室からの発言は当然のように認められておらず、この場面もモニターを見るしかなかったが、迫力のあるシーンの連続であった。

社会派ドラマを見ているような錯覚に陥るほど、株主の質問は熱く激しい。そして、話が終わらない。所々に挟まれるヤジもいとも簡単に蹴散らし、自分の主義主張を話す。
時に論理性を欠くために、全く意図が分からない質問もあったが、自分たちの想いを一株主としてぶつけまくっていた。それを運営側は冷静に受け止め、坦々と答えていく。対照的である。
スルリと厳しい質問を回避し、場合によっては答えず、何事もないように進行していく。感情的になることは一切ない。
(なるほどね。立派な会社ほど、こんな風に進めるんだと感心)

基本的に質問者は1度の質問の機会しか与えられず、そこには議論の場もないため、ほぼ一方的な回答で終わってしまうことがほとんど。
それでも「社長を辞めろ」「会長を辞めろ」など株主からの厳しい要求もあり、公開企業が行わなければならない株主総会の恐ろしさを知ることとなった。(公開してなくてもあるだろうが・・・)

昨年、出席した株主総会がいかに平穏無事だったか・・・。甘くないな。
それでもある株主が「昨年よりも挙手が少ない。もっと荒れる総会になると予測していた。」と自分とは相反する感想を語られていた。
これでも平和なんだ。株主を納得させるのは余程の事がない限り難しいと痛感。

結局、2時間経過しても終了する気配がなかったため、途中で退席したが、その後の議案事項で激しいやり取りがあったのかもしれない。

株主としては当然の意見を言うし、経営陣もある種、当然の回答を行う。最終的には、多数決で持って解決するのだが、その過程というのは一筋縄ではいかない。

特に今回の株主総会は、大げさに言えば、今後の日本を占う要素が多かった。
簡単に結論が見つかるわけでもないし、どの立場が正解なのか軽はずみには言えない。しかし、お互いの立場がよく分かるのも事実。
会社側の説明に誠実さが欠けるように思えたが、会社側としてはそれしか言いようがないだろう。
(書いてる事は意味不明かな・・・)

会社を客観視する意味合いにおいても、株主総会に参加する意義はあったと思う。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 株主総会

花の金曜日の話

昨日は、第2回目の就職面談会
日本商工会議所から受託した中小企業をバックアップするためのイベントである。今回は、商社・流通編と銘打って地元企業20社に参加頂いたわけだが、前回同様多くの学生さんを中心とした若い方に来場してもらった。

名大社としては7月8・9日にも企業展を開催するため、学生へのキッカケの場作りは継続して行っていくが、学生の顔色や行動を見る限り、まだまだ熱い戦いは続きそうである。ガンバレ!!

そして、この日は岡山からお客さんにわざわざイベント会場まで来て頂いた。パートナー企業の1社である株式会社シーズの平川社長である。ふるさと就職応援ネットワークに加盟するパートナーだ。

平川社長とは出会ってまだ1年半足らずだが、年齢も近い事から旧知の仲のような存在で、飲み会の場でも一緒に盛り上がることは多い。パートナーであり飲み友達でもあるのだ。
しかし、この日はかなり真剣にお互いの会社の内容について語り合った。会社の歴史自体は名大社の方が古いわけだが、経営者としては平川社長の方が大先輩。

20代後半に起業して、既に10数年。今や岡山を代表する就職支援会社として確固たるポジションを築いている。そんな彼の経営方針から人材育成、営業戦略、マネジメントまでを昨日はうちのオフィスでじっくり聞くことができたのだ。
ここでその内容を明かすわけにはいかないが、成功体験も苦労話も含め、学ぶ点は多かった。いい勉強になった。

夜は二人で栄に繰り出した。せっかくの名古屋なので、名古屋らしく手羽先「風来坊」。ここでもビールを片手に仕事の話が中心であったが、久々に風来坊の香ばしい手羽先を食した。

手羽先

そして、錦へ。
昨日は花の金曜日、それも給料日ということもあり人出が多く賑やかな錦の街であった。一通り飲んだ後、〆はカレー煮込み。12時過ぎにカレー煮込みはいかがなものかとは思うが、人気店「」は行列ができていた。

手羽先1

(ピンボケではない。湯気である。)

並んだ甲斐があったかもしれない。最後の一滴まで飲み干すほどの完食。〆のカレー煮込みもいいね!

店を出ると外は雨。タクシーに乗ろうと広小路通りに出るが、全く捕まらない。通りはタクシーを捕まえようとする人、人、人。
バブル期を思わせる久々の光景であった。雨の中、タクシーを待つ身は辛いが、それでも名古屋が元気になったようで、うれしくもあった。

結局、タクシーは全然捕まらないので、一旦諦め、平川社長と飲み直し、時間を改め帰宅した。
花の金曜日らしい過ごし方だったのかもしれない。

平川社長、お付合い頂き、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしく!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 風来坊

スターバックス再生物語

スターバックス再生物語 つながりを育む経営スターバックス再生物語 つながりを育む経営
(2011/04/19)
ハワード・シュルツ、ジョアンヌ・ゴードン 他

商品詳細を見る


今から10年以上前に「スターバックス成功物語」を読んで、感動した記憶がある。その当時はまだ名古屋にスタバはなく、オープン前のJR東海島屋に出店するのではと噂が流れている頃であった。

営業の第一線だった僕は、早速、日本法人に「名古屋で是非仕事をさせて欲しい」というような手紙を書き送った。ここで仕事が成立すれば、名古屋地区での感動的なストーリーが展開するのだが、結果は玉砕。仕事には至らなかった。
今は名古屋でもスタバは当たり前の存在となり、あちらこちらに店を構えているけど。

「スターバックス成功物語」を読んで、12、13年が経過。その実情はビジネス誌などで軽く触れる程度だったが、この本書を読んで、改めて知らされることが多かった。
数多くの成功体験を持ち、全世界に名を馳せたといっても、その成長には必ず陰りが来る。

それは傲慢とか、胡坐とかではなく、誠実にビジネスを行ったとしても訪れることなのかもしれない。
傍から見れば順調そうに見えても、知らず知らずのうちに蝕まれてしまう。誰が悪いというわけではないのに・・・。

ここ1か月ぐらいは僕自身も会社のことで悩むことは多かったが、それとオーバーラップさせながら読んだこの本書。だから、思いのほか、この1冊に時間を要してしまったのだ。

結果的、スターバックスも再生を果たし、新たな可能性に向かっている現状があるが、再び、同様の危機が訪れることも考えられる。反面教師として読む必要もあった。

先日、スタバに寄った時に、たまたまサンプルで頂いたVIA。売出し中のインスタントコーヒー。

スタバVIA

まだ机の中に眠っているが、ちょっと気が滅入った時に飲むと元気が出るかもしれない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : スターバックス再生物語

働けることの幸せ

昨日、久々に「ガイアの夜明け」を観た。
今回のタイトルが「働く希望を! ~震災失業を突破する働き方~」で、何名かの被災後、就職して働くまでを描いていた。

東日本大震災後、東北三県の離職者は約12万人。当地区での求人数は4369人と全く追いつかないのが現状。全国からの求人数は41,668人で、足りない求人をカバーするわけだが、それでも半数以上は仕事にありつくことができない。

番組ではそんな厳しい環境下で、仕事に励む二人の若い女性を取り上げていた。その二人の働きぶりや表情や心の移り変わりをみると働くことの大切さを改めて知る事となった。

一人は避難所で家族と暮らし、そこから地元のかまぼこ会社に通う女性。もう一人は地元と家族と離れ、首都圏のアパレルショップで働く女性。二人の立場は異なるが、共通しているのは、自分が家族の先頭に立って働かなければならないということ。
そこには給与とか待遇とかやりがいなんて関係なく、とにかく働ける環境があるというだけだ。

最初はとまどいながら働いていたのだが、徐々にこの二人の働く姿は美しくなり、素晴らしい表情に変化していった。
働くことの幸せを十分に噛みしめているようだった。そして、何よりも逆境が人を強くするのが伝わってきた。
この二人を見る限り、これから訪れる苦難も何なく乗り越えていきそう思えた。

被災地に対して何ら貢献できない自分達がいて、それはもどかしくもあり、情けなくもあるが、そんな中でできるといえば、毎日、一生懸命働くことであろう。
日常の中で当たり前な出来事がどれだけ幸せなのか、働けることがどれだけ幸せなことなのか、感じ続けなければならない。

この二人の若い女性から教えてもらった。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ガイアの夜明け

「敗軍の将、兵を語る」ワイキューブ

今週の日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」はワイキューブ安田社長のインタビュー記事であった。今年の3月に民事再生法適用を申請した企業である。

このニュースが飛び交った当日は、少なからず我々の業界には衝撃が走ったはずだ。業界でも特異な存在として注目を集め、社長である安田氏はメディアを賑わせていたことも多かった。
ある時期、ワイキューブのビジネスモデルを真似る同業者もいくつかあったように思う。

僕自身は、課長か次長くらいのポジションの時に一度、ご挨拶させて頂いたくらいで、直接の面識はほとんどないと言っていい。役員や社員の方と交渉事があり、何度かやりとりはさせてもらったが、ちょうど上り調子であった時期でもあったため、その勢いをまざまざと感じたこともあった。

名大社とは異なる方向性や戦略だが、安田社長の講演CDを聴きながら、勉強させてもらったのも事実である。
しかし、そんな講演の中で「どんどん借金しろ!」という言葉に違和感を感じていた事も事実。それが正しいとは、その当時も思えなかったのだ。
結果的にその言葉と行動が自らの首を絞め、会社を倒産という最悪の事態に追いやったことが、今回の記事からも良く理解できる。

ここに書かれていることが全てとは思わないが、売上の同等額を福利厚生や人件費に費やしていたのは、経営判断として大きな疑問である。
それも戦略の一つなのだろうが、僕には到底できない打ち手だ。社員のモチベーションは、豪華な施設や高い給与だけではないはずだ。
ただ、そう言っている自分が正しいかどうかはわからない。全ては結果で証明されるだろうし・・・。「結果」からしか「原因」は掴めないのだ。

ワイキューブの倒産があったからではないが、新卒採用支援ビジネスが大きな曲がり角に来ていると今、僕は感じている。果たして今後、どれだけニーズがあるのだろうかと。
と同時に思う。この事業は世の中には必要だし、我々が果たさなければならない事も多いと。

今回の記事は、経営の難しさを感じると共に我々の業界のこれからを考えるいいきっかけにもなった。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 敗軍の将、兵を語る ワイキューブ

優勝してしまったのだ!

曇天の本日、小4の息子のソフトボール大会が戸田小学校のグランドで行われた。
小学校の学区5チームで争い、優勝チームが名古屋市中川区の大会へと進む。本来、この大会は5、6年生が中心なのだが、人数不足でうちの息子は4年生にも関わらず数合わせ的にメンバー入り。

それも1番バッターで守備はセカンド。
それでチームのレベルは大体図れると思う。練習を見る限り、「・・・」と言葉が出ないくらいのレベルであった。練習試合もボロ負けだったため、本日の試合も正直なところ、全く期待していなかった。

ソフト2

ところがである。
試合は行ってみないとわからないのだ。第一試合の相手は格上と誰もが思うチームとの試合だ。しかし、1回にいきなり3点を獲って、チームの雰囲気が一変した。俄然勢いがついたのだ。子供たちは自然と声を出し、自らを奮い立たす。そうなるとグッドサイクルに回る。結果的に格上のチームに6対2で快勝。誰も信じれない結果となったのだ。
そうなると勢いは加速する。第二試合も4対2で勝利し、優勝決定戦に進んでしまったのだ。

きっと誰もがここまでこれば十分だろう、上出来だと思っていたはず。さすがに優勝決定戦では勝てないだろうと・・・。相手は優勝候補だし・・・。
でも、それは大人たちのこれまでの経験が邪魔する勝手な判断で、意外と子供たちはそんなことは思っていなかったのではないだろうか。チームの雰囲気は、それほどの固さもなく盛り上がっていたのだ。

その優勝決定戦。
序盤は五分五分の戦いであったが、徐々に引き離されていく。5回の段階で6対12と点差が開いた時は、やはり優勝は無理だと誰もが諦めたと思う。

6回も2アウトで無得点。残す回もあと1回だ。
しかし、ドラマはここから大きく変わる。理由は何とも言えないが、相手ピッチャーが急にストライクが入らなくなってしまった。勝利を意識しすぎたのか、疲れが出てきたのか原因は不明だが、全くストライクが入らない。
フォアボールの連続とヒットにより瞬く間に同点に追い付いてしまったのだ。
途中でピッチャーが変わるもそのマイナスの連鎖は影響し、同様にストライクが入らない。バッドサイクルの状態に陥ってしまった。
守備の選手も緊張感を失くしてしまったのだろう。ちょっとしたミスも連続し、気がつけば大量15点という信じ難い点数が入ってしまった。

お互いのチーム状況は天国と地獄。こちら側の声援する保護者の声も大きくなり、必然的に盛り上がる。
これで勝負が決まったのかもしれない。
最終回はあっさりと終わり、何と誰もが考えすらしなかった優勝が決まった。

ソフト3

勝負は実力でなく、その時に置かれた心理状態やチームの雰囲気に大きく左右される。それは大人でも子供でも変わらない。野球は2アウトからとはよく言ったものだ。

ソフト4

閉会式。優勝旗を手にした我が学区のチーム。うちの息子も上機嫌で帰ってきた。余程うれしかったのか、自分の活躍ぶりを自慢していた。本日だけは許すとしよう。

ここで何を学ぶかである。勝利したチームも敗北したチームも学ぶことは多い。小さな大会ではあるが、そこにはうれし涙も悔し涙も存在した。いい経験にはなったと思う。

何はともあれ、優勝おめでとう!!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

幸せを共有した日

本日は、ビジネススクールの仲間であり、名大社のクライアントでもある方の結婚式の二次会に参加した。
場所は名古屋駅前のM&H plataというパーティスペース。総勢70名ほどの披露宴を思わせる盛大な二次会であった。

ビジネススクールの仲間が幹事役を務めたこともあり、僕も邪魔にならない程度にお手伝いをさせてもらった。とはいっても、テーブルを出したり、荷物を運んだりとほとんどオマケだったけど・・・。

主役の二人を取り囲む友人。

二次会1

二次会2

みんな笑顔、みんなピースなのだ。カメラによる撮影も永遠に続きそうだった。
二次会は幹事を含めた仲間の巧みな演出もあり、大盛況のうちに終了。

僕が40代半ばで周りに独身がいなくなり、また会社でもその気がある社員が少ないせいか、すっかり結婚式の二次会なんてご無沙汰であった。

たまにはこのような幸せオーラバンバンの場に出席するのもいい事だ。新郎も新婦もいい笑顔で、こちらまで幸せのレーザービームを浴び、体も心も温かくなった。
(これで冷めた家庭もこれで何とかなるだろうか・・・。)

新婦とはもちろん初めて顔を合わしたのだが、出身は僕の実家のすぐそば。勤務先は僕の以前のクライアントで、大学の先輩が採用担当を行っていた企業だ。そして、その先輩が採用を行っていた時に入社したのが、彼女だったのだ。世間は狭い・・・。

二次会終了後は、ビジネススクールの仲間と三次会。僕以外は、披露宴にも出席しているので、その模様を聞かせてもらった。最新のブライダル市場でどんなニーズがあるのかが掴めた気がする。知らないうちに新しいサービスが出ているようだ。

そうこうするうちに新郎・新婦も駆けつけてくれて、あらためて乾杯!二人を酒の肴に楽しいお酒を共有した。
最後は握手をして、二人の門出を見送ることに・・・。
どうぞ!お幸せに!

幸せを共有させて頂き、ありがとうございました。
そして、二次会を盛り上げたスクールの仲間のみんな、お疲れさまでした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

就職ガイダンス。雨の愛知大学にて。

本日は母校である愛知大学にて大学4年生に対し講演を行った。
先週は車道校舎、本日は豊橋校舎である。あいにくの雨。しっとりとした天気ではあるが、歴史があり緑が溢れる豊橋校舎は、その光景も悪くない。

どこの大学に限らず、今年の4年生はどこも苦戦しているようだ。大手企業が6月に選考をずらしたといっても楽観視できる要素はない。
危機感が手伝ってか、6月中旬にも関わらず70名ほどの学生さんに参加してもらい、話をさせてもらった。
女子学生が8割。それは今の状況を明確に表しているともいえるし、逆に男子学生の行動力だ足りないともいえる。
これも共通だが、どこの学生も女子の方が積極的だ。

講演テーマは「中小企業の魅力と探し方」。
昨年と全く同じテーマなので、工夫がないと言ってしまえばそれまでだが、昨年の内容に環境要因やここ1年で感じたことを加え、バージョンアップさせた。
(2回目聞くにしてもわからないかもしれないが・・・)

話の中心はテーマどおりなのだが、学生の懸念材料である「中小企業は将来が不安」という要素をわかりやすく取り除いたつもり。
わかりやすく言ってしまえば、経営が不安定な企業は新卒採用しないということ。採用し固定費がかさむリスクを不安定な企業が選択することは基本的に考えにくい。しかし、その点は学生には到底理解しがたいようなことにも思えるので、そのあたりの解説も加えた点である。
そんなこんなで持ち時間の1時間はあっという間に経過してしまった。

うなずきながら話を聞く学生もいれば、必死にメモを取ってくれる学生も多かった。僕の話がどこまで伝わったかは定かではないが、少しでも「気づき」があればいいし、凹んだこの時期だからこそ、少しでも元気になってもらいたい。
安易なことは言えないが、諦めなければ必ず道は開けると・・・。

講演終了後は、以前キャリア担当をされていた方の部署に顔を出し挨拶。そして、せっかく大学にお邪魔したのだからと学食へ。

一緒にいた社員に大盤振る舞い。(学食だから・・・)

愛大学食

昼からちょっと食べすぎか・・・。

雨の大学講演。このような機会を頂き、改めて感謝。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

道化師に学ぶ「引きのコミュニケーション」

本日は、プレジャー企画の代表である大棟耕介氏の話を伺う機会を頂いた。

大棟氏は日本を代表するクラウン。いわゆる道化師。日本ではピエロと言った方が馴染みはあるのかもしれないが、その表現は日本人しか使わない言葉で、本来は「クラウン=道化師」と呼ぶらしい。

ピエロというと何となく色物で浮ついた存在のように思えるが、本来のクラウンは、アメリカやヨーロッパではステータスが高く、尊敬される仕事らしい。
理由は明るく楽しい雰囲気づくりを提供し、尚且つ、脇役に徹しながら一体感の場を醸成させることにあるという。

そんなクラウンとして国内外で活躍されているのが大棟氏なのだ。
その方の講演をわずか20分の短い時間で拝聴したわけだが、そのテンポや話の展開は実に面白く愉快であった。そして何より大棟氏のミッションである、笑いの場を作り、それをキッカケにコミュニケーションを円滑化させる力には感動を覚えた。

最近は病院に入院する子供たちを相手にすることが多いようで、その子供たちを元気にさせるには”笑い”が必要のこと。
それはこちらが面白いネタを披露して笑わせるのではない。脇役に徹し、下から持ち上げることで相手が気持ちよくなり、笑いを生み、自然と回りの空気が変化してくるのだという。
そうすることにより、押し付けでない、「引きのコミュニケーション」が可能になる。なるほど!それが道化師の役割なんだ。笑いが伝播し、それにより回りも笑いに包まれ、幸せの空気が流れるのだ。

やはり、笑うことって重要だ。コミュニケーションにも大いに役に立つ。
優秀な営業マンになるための講座を聞いた気にもなった。
社員にも聞かせたい。

本日、初めてお目にかかり挨拶させてもらったが、ほぼ同世代の方が名古屋から世界に飛び出し活躍する姿は誇らしい。素晴らしいことだ。

そして、今後の活躍も期待したい。機会があれば、是非、クラウンとしてのパフォーマンスも見てみたい。そう思った講演であった。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : プレジャー企画 大棟耕介

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。