FC2ブログ

いねむり先生

いねむり先生いねむり先生
(2011/04/05)
伊集院 静

商品詳細を見る


1年ぶりに読んだ小説。
以前は伊集院氏の小説も好んで読んでいた事はあったが、30代に入ることから、ほとんど小説自体を読まなくなってしまった。読まなくなってしまったというよりは、読む余裕がなくなったというか、もっとゴールに直結するものを求めていたのが本当のところだろう。

ビジネス書や自己啓発本やノンフィクションの類がそれである。必要な事を多く学んだのは事実だし、今の生活においても、そこが中心なのは変わらない。しかし、それだけではつまらない人間であると、読みとおして感じてしまった。

この本書を読んだ前後に、伊集院氏を取材した「情熱大陸」をYouTubeで観た。
小説というものが、どんな存在であるかを語っていた。人の人生を変えることはできないが、人の悲しみに寄り添う事ができる、それが小説であるということ。彼の使命感を思い知った。オトコだ。

この「いねむり先生」も私小説ながら、その想いが十分伝わる作品。
本書や先日ブログにも書いた「大人の流儀」を読み、「情熱大陸」を観ると、伊集院氏の男としての潔い生き方を感じると共に、弱さや純粋さ、豪快さもビシビシとこっちにやってくる。
と同時に、自分とは正反対な生き方に憧憬を覚える。男の理想の生き方をしているのかもしれない。常に財布の中身を気にしている自分とは大きく異なる。(ああ~情けない・・・)
だから、ファンも多いのだろう。

結局、人は一人では生きられない。誰かに頼る事もあるし、頼られる事もある。助けを求めなくても手を差し出されることもある。その逆も・・・。
その中で生きていくことで、大切なものを理解し行動していく。言葉だけではなく、何気ない態度も含めて。
人との触れ合いの大切さを感じた小説だった。

やっぱり、たまには小説も読まないと・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : いねむり先生

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-