スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家は育てられるのか・・・。

昨日は、椙山女学園大学の准教授である堀田あけみ氏の話を伺う機会を頂いた。

我々の世代にとって堀田氏の存在を知らない者はいないのではないだろうか。地元愛知県の出身で、史上最年少で文藝賞を受賞した「1980アイコ十六歳」の作家。かなりの話題を集めていた方だ。
僕は当時、出来の悪い中学生で本なんて全く読んでおらず、この受賞作を読んだのは確か高校に入ってからだと思うが・・・。

この「1980アイコ十六歳」は映画化もされた。僕は直接関わることはなかったが、大学時の映画研究会の先輩が、その映画の製作に協力していたはずだ。

前置きが長くなったが、この日は堀田氏が”「椙山文学」の息吹と発展”というテーマで講演をされた。作家の傍ら、心理学などを学ばれ、現在は准教授として、学生に対し日本語の表現法や小説創作について教えられている。
大学から作家を輩出しようという試みを実施され、その講義内容や学生の動向について話をされたのだ。
堀田氏が若い頃は、作家養成に対しては否定的であったが、学生と接し、学生同士が協力し作品を仕上げていく過程で、教育の必要性を感じたという。

作家は本来孤独で個人的な作業であるのだが、大学内でお互いに課題を持ち、それをサポートする講師の存在があることで、小説を創作する能力が高まるという。人が成長するのだ。
学生の成長が堀田氏に与えた固定概念に対しての影響は大きいようだ。作家は個人の中で勝手に育つという概念に対して・・・。サポートすることで、小説創作の能力も向上する。

そんな話を聞いて、改めて人を育てる必要性を感じた。組織であれ、個人的な業務であれ、何らかの形で必ず人が関与するのだ。その関与の仕方一つで、関わる本人の成長度は大きく変わる。

放っておいても勝手に育つ人間は存在するが、そこに別の言葉を投げかけるだけで、相手に気づきを与え、更に成長力が増すことは多い。小説の世界でも同じことが言えるというのは新鮮であった。

どんな分野であっても、若手を育てていくのが、先輩の役割だ。仕事においてもスポーツにおいても文学においても、それは変わらない。
講演の本題とは異なるが、今回頂いた講演内容で僕が感じた事であった。
ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ザ・ラストバンカー

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録
(2011/10/14)
西川 善文

商品詳細を見る

もし、この本書を手に取ってなかったら、著者の西川氏の僕のイメージはきっと悪いままであっただろう。
保身と自己の利益を優先する経営者の一人というような印象で・・・。きっと同じような思いを抱いている方も多いのではないだろうか。
そんな人ほど、ぜひ、読んでもらいたい一冊。

ここに書かれている内容を素直に受け止めれば、著者の仕事に対しての情熱や葛藤や半端ない苦労が痛いほど理解できる。結局は自ら困難な道を選択し、そこに向かい邁進する。
ある方面から見れば、なんて馬鹿な道を思われるのかもしれないが、僕は素晴らしい生き方だと尊敬する。こんな銀行マンばかりであったら、不良債権の問題ももっと早く解決していたと思う。

一概には言えないが、僕の周りにいる銀行マンも性格も仕事も真面目だが、保守的な層が圧倒的に多く、リスクを冒すことに挑むことは少ない。
当たり前の話だが、それが銀行としては健全である証明だと思うが、全てがそうだと一向に業務上の変革も革新的なサービスも生まれることはない。お付合いするには難儀な面があるのかもしれないが、西川氏のような銀行マンが多いと頼もしくなるだろう。

この自伝的な内容は、ドラマを観てるような波乱万丈だ。
平和相銀やイトマン事件の頃の記憶はかすかしかないので、あまりピンとはこないが、メガバンクの合併や郵政民営化の一件は、まだ最近のニュースということもあり、その当時の様子が頭に浮かぶ。
それとオーバーラップさせ、本書を読み進めていくとよりリアルのその場面がイメージできる。特に鳩山総務相とのやりとりは、政局の課題が垣間見え失望感も沸く。
それは西川氏が何も恐れることなく、実名で全てを明かしていることが要因でもあるが・・・。

本書の最後に書かれている言葉もいい。
「リーダーシップとは、直面する難題から逃げないことである」

もっともっと学ばなければならない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録

新年!ふるさと就職応援ネットワーク拡大幹事会

昨日は、今年初めてのふるさと就職応援ネットワーク幹事会が東京・茅場町のパフさんのオフィスで行われた。

午前中に銀座でのアポを終え、一旦ホテルで仕事をしたのち、新橋から茅場町のオフィスまでを徒歩で向かった。
30分とちょっとくらいだろうか。東京の地理は相変わらず良く分からないが、歩きながらいくつかの駅を通り過ぎていくと位置関係が理解できる。
ちょうどお昼時であった事もあり、どの通りも人で溢れかえっていた。明らかに名古屋の丸の内とは違う。マーケットの違いを痛感した。

今回の幹事会では、協業やソーシャルメディアへの取組みの話の他、2013卒採用の現状について、加盟各社から情報を持ち込み共有した。

東は北海道から西は福岡までの学生や企業の動向になるのだが、特に地域的な格差は少なく、置かれる環境はほぼ同じであった。13卒採用が2ヶ月間後ろにずれたことから、学生も企業も戸惑いながら活動を進めているのが現状。

企業側にとっては、昨年までも、これが正解という方法なんてないのだが、それなりに自分たちのノウハウが蓄積された面があった。それが現時点での学生との接触数を見ると、昨年と大きく異なっているケースが多く、今後の対応に不安視する面も多い。
一方で学生側も、中小企業に対して一定の理解を示しながらも、企業研究に掛ける時間に制約があることから、一部の大手企業にエントリーが集中する傾向が見られる。

これからの4ヶ月間で、13卒の就職戦線の全貌が明かされることになるのだろう。(ちょっと大げさな表現か・・・)
いずれにせよ、我々は自分たちの領域で学生と企業を支援していかなければならない。加盟各社の戦略や取組み姿勢を聞きながら、自社の参考にもさせて頂いた。名大社でやるべき行動を取っていこう。

幹事会、終了後は全体での懇親会。
今回は茅場町の老舗の鳥料理「鳥徳」で鳥鍋を堪能した。〆のご飯は何とうな重。食べきれるかとも思いながら、米粒一粒も残すことなく平らげてしまった。

幹事会での真面目な議論も、懇親会での熱い会話も、満足のいくものであった。
感謝!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

皇居を走り、キンミヤを飲んだ日

東京出張2日目の昨日は、ランナーの聖地、皇居をランニングすることからスタート。
銀座を抜け有楽町を通り、皇居へと向かった。先日の大雪の名残りか、路面は所々凍結。慎重になりながらも、ぐるっと一周した。

皇居121

皇居122

平日の朝だというのにランナーは多い。競争しているわけでもないが、何となく闘争心が沸いてくる。時折、ビジネスマンとすれ違いながらも、冷たい風を浴びながら走るのは、気持ち良かった。
ホテルに戻る途中に、通学中の小学生ともすれ違う。銀座にも小学生が住んでいるのかと思うと不思議な気分だ。

そんな一日のスタートでは、観光に来ているかと思われてしまう。決してそうではない。
午前中は人材ビジネスの今後について学び、午後は会社のリスクマネジメントの重要性について学んだ。今後の事業計画や危機管理対策に盛り込んでいければと思う。

そして、夜は日本橋へ。
名大社がリクルートの代理店をやっていた頃、お世話になっていた片山氏との飲み会。facebookで書いた三重の宮崎本店の内容をキッカケに飲みに行くことになったのだ。
(fecebookだけでもいろんなことがありますねえ~)。

僕が飲みたいと言っていたキンミヤのある店に連れて行ってもらったのだ。

キンミヤ1

7年ぶりぐらいの再会ということもあり、その間に起きた出来事や今後について語り合った。(お互いいろいろとありますねえ~。)
キンミヤはホッピーで割ると美味いらしく、それを素直に聞き入れてガンガン飲んでしまった。確かにスッキリとくせもないのでいくらでもいける感じ。すっかりいい感じに酔っ払う。

キンミヤ2

お店も「三丁目の夕日」に出てきそうな昭和チックでレトロな雰囲気でいい。とても楽しい夜を過ごさせてもらった。

こうして、出張2日目は終了。素晴らしい一日に感謝!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

今週は東京DAYSなのだ。

本日から27日(金)までは東京出張。非常に珍しい3泊4日である。
26日に行われるふるさと就職応援ネットワークの幹事会に合わせ、当初は1泊のつもりであったが、いろんな方に連絡を入れるうちにドンドン予定が入り、3泊となってしまった。何故か夜から予定が入るから不思議である。(意図的だったりして・・・。)

昨日も東急ホテルで出身大学の懇親会があったため、今週はフル稼働となりそうだ。
(なりそうだではなく、なるのだ。誤った表現はよくない。)
もちろん遊びではなく、仕事で来ているので、この4日間で多くのことを吸収し、学び、刺激を受け名古屋へ戻りたいと思う。

しかし、アポの時間まで余裕のある日もある。久しぶりに皇居でもランニングしようと、こっそりランニングシューズとCWXを持参してきた。朝日を浴びながら走るのも気持ちいいだろう。雪が降らなきゃいいけど・・・。

初日の本日は、夕方から人材サービス企業の経営者による情報交換会が開催される。
その前に腹ごしらえとやってきたのが、伝説のすた丼。

すた丼

facebookで多くの友達が写真をアップしており、かなり前から気になっていた。
なるほど、肉食系男子向けのご飯だ。夕方の食事にはちょっとキツい。
この満腹状態だと講演は眠くなるかも・・・。

チェックインを済ませ、ブログも書いたことだし、それでは元気に行ってきます。
釘さん日記みたいだ。)

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

他責ではなく自責で・・・。

先週末は転職フェアを開催。
2日間を通し1300名近い方に来場いただいた。20歳代が中心ではあるが、大学生から50歳代まで幅広い層の方に来て頂いたのだ。

ここ最近、僕はこのイベントで適職診断というカタチで、求職者のキャリアについてアドバイスをしている。本来の趣旨は、仕事で培った経験やスキルが、転職する際にどう生かしていけるかをヒアリングしながら話し合うもの。転職すべきかどうかも含め、客観情勢を伝え今後の仕事の進め方をアドバイスする。

本当にいろんな経験を持たれた方と話をさせてもらう。
それは僕の日常では考えられないことが実に多い。友人知人、利害関係者含め自分の身の回りには存在しないケースが結構あるのだ。
僕がいかに世の中の一部の人としか付き合っていないかがよくわかる。それだけでも十分学びになるのだが、当然の如く、自分のために行っているわけではない。

純粋にキャリアアップを目指す方も多いのだが、様々な問題を抱えた方も多い。自分たちの世界では考えにくい人生を歩んできた方がいるのだ。ここで語るわけにはいかないが、アドバイスとして言葉に窮してしまうケースもある。それについては力不足を感じ、申し訳なく思う。

その一方で、明らかに働くことについて認識が甘い方もいる。
全てが他責なのだ。原因が自分にあるのではなく、会社のせいであり、組織のせいであり、待遇のせいであり、上司や同僚のせいである。同情できなくないケースもあるが、冷静に判断すると本人に原因があると言わざるを得ないことが多い。

その場合、正直に苦言を呈す。嫌な顔をされたり、腑に落ちない顔をされる場合もあるが、それが本人のためと思い、あえて言う。このままでは同じ失敗を繰り返す(転職を繰り返す)ことになり、継続的に働き続けることに支障をきたしてしまうからだ。

キャリアカウンセラーの立場であれば、それは最低なカウンセリングだが、敢えて経営的な立場から話をさせてもらう。雇用する側と雇用される側では立場が異なるのは当然だが、時に経営的な視点で働くことを考えてもらわないと、いつまで経っても自己中心的な捉え方しかできない。自責の念を抱くことはできない。
どんな状況においても、全ての原因は自分にありと理解してもらいたいのだ。それが難しいのは、十分わかってはいるが・・・。
当の本人にとっては不愉快極まるだろうが、少しでも気づいてもらえれば、次の一歩は大きく変わっていく。他責ではなく自責で・・・。

この週末は日本の抱える雇用問題と直面した2日間であった。
自分たちができることは限られている。しかし、限られた中で精一杯尽くすことがある。
少しでも役に立てばいいのだが・・・。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」

リーダーたる者、どんな発言をし、どんな行動を取るべきかを学んだ映画であった。
山本五十六は、絶対に泣かない。絶対に愚痴を言わない。どんな状況に陥っても慌てない。失敗した部下を感情的に責めない。そんな人物。
まさに理想のリーダー像であった。

そんな見方をすると、これは戦争映画なのかと疑問を持ってしまう。
きっと予算の大部分を使ったと思われる空母爆撃のシーンや空中での戦闘シーンも、この映画の添え物に過ぎないのではないか。リアリティを演出するために必要なカットとして・・・。

これまで日本の戦争映画を観て、考えさせられることはなかったが(若かったせいもあるだろうが)、この作品を見て、自分はこの緊迫した状況の中でどんな指揮を執れるのだろうと考えてしまった。

そして、最期のシーン。
この一連の行動においては、リーダーとしてあるべき姿ではなかったと思う。しかし、それを自覚した上で、覚悟を持って臨んだ行動に違いないとも思う。
最後の最後でリーダーとして割り切れない面を露呈してしまったが、大いに共感する。それが人間らしい姿だと・・・。

この作品は年配の観客が多かった。歴史の重さを認識させてくれたのは、この観客もおかげかもしれない。今は時期尚早かもしれないが、子供にも是非、見せたい。

それにしてもストーリーテラーの玉木宏は声がいい。
顔もいいが声もいい。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」

続・大人の流儀

続・大人の流儀続・大人の流儀
(2011/12/12)
伊集院 静

商品詳細を見る

前作に引き続きブログに書くのはいかにも知恵も工夫もなく、自分の知識の狭さを披露するようなものだが致し方ない。いいと感じたものは素直に表現すればよい。

本作は東日本大震災前後の作品が多く、著者の気持ちの葛藤が正直に表現されている。それは政府への憤りであり、周辺の方への愛情や配慮であり、大人としての振る舞い方としてだ。
大きな権力に迎合することもなく、自分の未熟さを否定することもない。全てが正直と思えるのだ。いくら酔っぱらってホテルのフロアで寝ようとも、本当に大人として必要な礼儀、情、気配りは忘れることがない。大人の男だ。

だからこそ、周りの関係者をいくら巻き込んでも愛される存在なのであろう。僕は単純に憧れる。あり得ない話だが、飲みに誘って頂きたいと思ってしまう。

本書を読んで、昨夏、仙台を訪れた時を思い出した。津波ですべて押し流された街の光景を・・・。放っておけば記憶は徐々に薄れていく。それはやむ得ないことではあるが、時にこのような文章を読み記憶を手繰り寄せなければならない。

震災の当日を描いた文章の中で、伊集院氏はこう語る。

「私は被災者ではない。被災者というのは孤立しても生きようとして懸命になっている人。不幸にも生を絶たれた者と、その家族、友人のことを言う。」

重い言葉である。
どんな映像を見ようと、間接的な話を聞こうと、自分たちは被災者の方の辛さを理解することはできないのだ。
それを改めて教えて頂いた。

と同時に思う。
来週は東京。銀座に行けるのかなと・・・。

それがどうした。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 続・大人の流儀

先週に続き、今週は転職フェア

2週連続のイベントである。
先週が土曜・日曜のイベントであったため、仕事としてはぶっ通し。メンバー全員が過酷な状況であるが、こういった時こそ、体調管理に気を付けて今週末のイベントに臨みたいものだ。

今週開催されるのが転職フェア
11月から3ヶ月連続での開催となる。愛知県の有効求人倍率は0.98倍、新規求人倍率は1.60倍(2011年11月現在)と、緩やかではあるが右肩上がりの数字。先行きの不安要素があるものの、震災後の挽回生産や消費回復も手伝い、業種によっては人手不足に陥っているのが今の現状だ。

今回の転職フェアでも60社以上の企業に参加頂き、求人が増え始めた昨年同時期よりも更に多くの企業に参画頂く事となった。即戦力や経験者を求める企業も多いが、今春卒業予定の学生さんを募集する企業も40社強あるのだ。
つい最近の日経新聞の記事に取り上げられていた大手企業も参加頂く。卒業を間近に迎えた学生さんの中には、あきらめモードの方もあるかもしれないが、ギリギリまで情報収集をして欲しい。今になって、情報発信する企業もあるのだから・・・。

中途採用についても、ここ最近の傾向である自動車業界のエンジニア募集も多いが、流通関係も増え始めている。新聞で報じられているのように消費マインドが上昇している典型が、求人にも反映されているのかもしれない。
東海地区のサービス業が盛り上がってくるのは我々にとっても、喜ばしいこと。特定の業種だけでなく、幅広い業種が参加することにより、求職者の選択肢も広がっていく。自己のスキルを活かす可能性もチャンスも増えていくのだ。

世間一般的にまだまだ暗い話題が多いが、少しでも明るい材料を提供できれば、イベントを運営する我々としても遣り甲斐は増す。

第117回 転職フェア
≪日時≫2012年1月20日(金)・21日(土)
     11:00~17:00 (講演は10:00より)
≪会場≫ウインクあいち
※詳しくはこちらから

新しい年のスタートは元気よく!今春卒学生も、転職希望の方も、精一杯応援します!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 第117回 転職フェア

就職活動で成長するのだ!

昨日、本日で2013年卒対象となるイベント「【就活】研究フェア」を開催した。
まずは2日間を通して、ご参画企業のみなさま、お手伝い頂いたキャリアカウンセラー始めブレーンの方々、そして、数多く来場いただいた学生のみなさんに感謝。
雪も雨も降らず、無事にイベントを終了することができた。

就活フェア1

今年の就職戦線は短期決戦と言われるよう(本当はそうならないと思うが・・・)、学生は昨年以上に焦りを感じているようだ。学生の中にはイベント開始2時間前に来場する者もおり、焦り具合を如実に表している面もみられた。

今回のイベントで、僕の役割と言えば人事担当によるパネルディスカッションと若手社員によるパネルディスカッションのコーディネーター役をするだけ。あとはイベント全体の状況把握をするくらい。

就活フェア2

就活フェア4

例年以上に学生は真面目。どの講演でもブースでも真剣な眼差しで話を聞いている学生が多い。パネルディスカッションでもほとんどの学生がメモを取り頷いていた。
僕が伝えたかった事と言えば、至ってシンプルで、急ぐ必要はあるけど焦る必要はないこと、そしてめげないこと。(急ぐことと慌てることは違います。)
それをパネラーの語る言葉を汲み取りながら、解釈を交え、話すことだった。上手く伝わったかは分からないが、その分、パネラーの方がリアルな話をして頂けたので、十分に役に立てたのではないだろうか。

仲間であるキャリアカウンセラー(CDA)の就職相談ブースも人が途絶えることがなかった。

就活フェア3

CDA一人ひとりのモチベーションが有り難い。
悩んで元気がなかった学生が、相談終了後、笑顔で席を立っていくのは、何らかのきっかけを掴んだ証だろう。

学生一人一人が就職活動を前向きに捉え、自分自身と向き合い、その環境の中で成長する。答えは教えるのでなはく、自分で答えを導き出す。
小さな積み重ねの繰り返しでしかないが、それをサポートしていくことが我々にとっても大切なのだ。
特にこのような厳しい環境であればあるほど、成長する幅も拡がっていく。
あえてこの環境を成長のためのいい時期と捉えて、これからの就職活動に臨んでもらいたい。

ガンバレ!就活生!
この一年がキミたちを大きく成長させるのだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。