fc2ブログ

個人面談Days

今週からスタートした年度末の個人面談。
昨年は部長以下のメンバーだったが、今年は思い切って全員。一人1時間程度の時間で、この一年を振り返り、何ができて、何ができなかったかを話し合う。

僕が話すこともあるが、基本的には聞く側に回り、本人がどんな考えを持ってこの一年間を過ごしてきたかを語ってもらう。漠然とした話だけでもお互いのプラスにはならないので、営業についてはどれだけの営業利益を会社に残し貢献しているのかも明確にする。

自分で売上を管理し前年との伸び率を把握していても、全体の中でのポジションは曖昧だったりする。そこを数字で明確にすることで、自分の立ち位置が確認でき、現在の収入が妥当なのかどうかも目の当たりにできる。

メンバーによっては危機感が芽生えたり、ホッとしたり、笑顔が見られたり感じ方は様々だが、そこも含め全員で一つの会社なんだと実感する。うちのようなサイズの会社では全員が重要な戦力であり、全員が会社の代表という意識も持たねばならない。
まだ足りないと思えば、力をつけるだけだし、結構やってると思えば、更に上を目指すだけのことだ。そんな前向きな姿勢を続け、最終的に会社が良くなればいい。本当の意味で一人ひとりが主役になるとも思う。

普段コミュニケーションを取っているつもりでも、サシ飲み以外でじっくりと1時間話をする機会は多くない。僕自身が伝えたつもりでも不十分だったり、逆に僕の受け止め方が弱いこともある。嫌な話もいい話も真摯に話すのが僕の最大の役割なんだろう。

そして、その話した内容は記録に取っておかなければならない。翌年に改めて振り返る際に必要にもなるわけだし・・・。
そんなやりとりをしているとあっという間に一日が過ぎて終わってしまう。終日、会社で過ごすのも結構疲れるものだ(笑)。心地よい疲れだけど。
もうちょっとの日数だな・・・。

面談の最後に「社長にモノ申すことがあれば言ってくれ」と促す。多少の遠慮はあると思うが、嬉しい意見も手厳しい意見もあり、それも刺激。
だが、圧倒的に多いのは「飲み過ぎに注意してください。体に気をつけてください。」ということ。
やっぱ、そんな風に思われてるんだな・・・(笑)

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

世界の経営学者はいま何を考えているのか

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
(2012/11/13)
入山 章栄

商品詳細を見る

いろんな場で紹介されているので、つい手に取った本書。

経営者の書籍はスムーズに体に入り込んでいく。経営全般の書籍も比較的、体に染み込みやすい。
しかし、経営学となると話は別。この一冊を読み終えるのに随分と時間を費やしてしまった。「経営学」とか「経営学者」と言った途端に体に入り込むスピードは落ち、なおかつ、思うように吸収することができない。

それだけ自分の勉強嫌いや学習能力の低さが表れてしまったようだ。本棚の飾りになりそうな気配満々なのだが、時には読み返す必要はあるだろう。

赤線を引っ張った箇所を抜き出ししても
「ハイパー・コンペティション下では、理論的には、より積極的な競争行動をとる企業のほうが高い業績を実現できる。」
「一時的な競争優位を連鎖するように獲得していくことが、現代に求められることなのです。」
「競争優位を実現できる企業はもはや全体の2~5%しかないのです。」

と別々の箇所をつなげるだけでも、先端の競争戦略を理解することは可能。

また、こんなことも書かれていたり・・・。
「不確定の時代に計画主義は通用しない、と唱えるのが「学習主義」を支持する学者たちです。」
「「考える前に、まずやってみるべき」というのが学習派の主張です。行動していくうちに市場の状況や顧客の好みなどを学習し、徐々に自らの事業計画もはっきりわかっていくだろう、不確実性が高いときにはむしろそのほうが効果的だ、というわけです。」


まさに、Webサービスを中心に考える戦略ならば、ぴったりと当てはまるといえるだろう。

と、書籍から抜粋して、ブログの書評をごまかしているわけだが(笑)、全てを読み通して理解するのは一度読んだだけでは難しいだろう。
そもそも学習することは、一度で習得できないわけだし・・・。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 世界の経営学者はいま何を考えているのか

マラソンと温泉とイタリアンと私 その2

ハーフマラソンを走り、温泉で体を休めた後、夕方から別の予定が入っていた。
ビジネススクールで講師をされていた北垣武文氏が星ヶ丘でイタリアンレストランをオープンするにあたり、記念パーティーが開催されたのだ。

僕は北垣氏から直接学んだことはないのだが、飲みの機会や以前読んだ「ビジョナリーリーダー」でお世話になっていた。
場所は星ヶ丘とセレブな街にあるオシャレなレストラン。いくらなんでもジャージ姿でお邪魔するのは失礼にあたるため、一旦帰宅し着替えをして出直した。

店名は「COHAL la terrazza HOSHIGAOKA」
「こころといのちをつなぐ場所」が店名の由来。

cohal4

星ヶ丘テラスが一望てきる店内は、華やかな雰囲気はあるものの、家族連れでもゆっくり過ごすことができる空間。もう少し子供が成長したら、一緒に食事を楽しむのもいいなと思ってみたり・・・。

今回のオープンパーティーは知った顔も多く、美味しいシャンパン、ワインと食事、楽しい会話が続く。

cohal5

cohal6

名古屋シティマラソンを走った仲間もあり、いろんな会話で花が咲く。

cohal1

僕は協力知らずの不届き者だったが(笑)、仲間から北垣氏への花の贈呈もあり、和やかな時間が心地いい。おかげで気持ちよく酔うことができ、いつものようにこんな感じ。

cohal2

COHALは素晴らしいコンセプトで店が創られている。

cohal7

地産地消の食材を使い、野菜も自然農法。体に優しい食でありながら、シェフのこだわりも感じる。味オンチな僕でもその美味しさは理解できた。

cohal3

そのこだわりをまとめた映像もグッとくる内容。食について考えさせられるなんてチープな表現になってしまうのは申し訳ないが、熱いメッセージからそう感じざる得なかった。
その素晴らしい時間に感謝!

今回の名古屋シティマラソンで感じたこと。
マラソンブームで走る事は全く問題はない。実際に僕も同じようなものだし・・・。

ただ参加するのであれば、やはりある程度の練習を積み重ねる必要はあると思う。フルの1時間後にハーフが同じコースを走る事もあるが、早々に走るのを諦め、コースの真ん中を歩かれると後続のランナーが走りにくくて仕方ない。
せめて端に寄ってもらうと有り難いが、そうでないとぶつかりそうで危ない。お祭りだからと言ってしまえばそれまでだが、ランナーとしての最低限のマナーではないかとも思う。

それでもこの名古屋シティマラソンは来年も出場したい。そして、何とか1時間50分は切りたい。
そんな事に思いを馳せながら、有意義で長い一日を過ごさせてもらった。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 名古屋シティマラソンCOHALlaterrazzaHOSHIGAOKA

マラソンと温泉とイタリアンと私 その1

昨日はとても長~い一日。
まずは名古屋シティマラソン。今年2回目のハーフマラソンである。

city131

名古屋市内を駆け抜けるため、記念品のTシャツではなく、宣伝も兼ねて「名古屋の名物 名大社」Tシャツで走ることにした。
(圧倒的に同系色の名古屋シティTシャツを着ていたランナーが多かったので、あまり目立たなかったかも・・・)

当日は、人、人、人。会場となるナゴヤドームへ到着時には、既にカラフルなウェアを身にまとった女性ランナーがアップをしていた。

city132

昨年はランナーはドーム内に入れず、外で待機をするという寒い思いをしたが、今年は改善されドーム内で待つことに。これはとても快適。場内も出展ブースがお客を待ち構える状態になっていた。

city135

今回は大学の友人と今年入社する新人名大社男子と一緒に走る。

city133

爽やかな好青年で、スポーツマンらしいのだが、結果だけを見れば口ほどでもなかった(笑)。(今度は頼むぞ!)

スタート時点では、ナゴヤドームらしくドアラとチアドラが声援を送っていた。

city134

当初は20度を超す暑さになると予測されていたが、実際は曇天で気温もそれほど高くない。こちらの方がありがたい。平坦なコースのため走りやすく、一定のペースを守って走っていたため、思った以上に快適に走ることができた。

いつもなら15キロ過ぎたあたりから、アップアップ状態になるが、昨日は全然大丈夫。
最後の1キロは5分を切るタイムで走ることができた。タイムは1時間51分と密かに狙っていた1時間50分切りはできなかったが、疲労度もいつもに比べ少なかったため、自分としてはもう少し何とかなったのではと少し反省。それでも十分にマラソンを楽しむことができた。

終了後は、新人名大社男子と名古屋クラウンホテルへ。ここは名古屋のど真ん中にあるにも拘らず、温泉がある。

city136

懇意にする堀場社長に部屋を用意してもらい、その三蔵温泉にゆったりと浸かる。

city137

きれいに汗を流し、何とも気持ちがいい。そして、部屋で乾杯。

city138

生ビールと美味しい料理を堪能させて頂いた。感謝!。
名古屋シティマラソンに参加する方にはおススメ。と代わりに宣伝・・・笑)
マラソンの疲れを癒すことができた。

これでも十分、充実した一日だが、この日はまだまだ終わらない。
続きは明日・・・。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 名古屋シティマラソン名古屋クラウンホテル

時代は変化し続けるのだ!

一昨日、昨日と開催した転職フェア。
年度末の慌ただしい時期にも関わらず、1,500名以上の方にお越しいただいた。少しでも何らかのキッカケになればと思う。ありがとうございました!

今回のイベントでは新しい試みを行った。それが大げさなブログタイトルにつながる。実際はそれほど大層な話ではないのだけれど・・・。

これまで自社のイベントでは、来場者に対して受付でアンケート用紙を配布し、出口で回収するというオーソドックスで何十年と変わらないスタイルを実施。多分、同じ形式で実施している企業はまだまだ多いだろう。
この形式は後処理が結構大変。アンケート用紙を全て入力しデータとしてまとめる。度々、チェックも必要なことから時間も経費も思った以上にかかる。営業サイドとしては素早くクライアントにアンケート結果を伝えたいのだが、都合よくはいかないのだ。

そこで今回から思い切って、アンケートをWeb上から行ってもらうことにした。時流に乗り、iPadminiをいくつか並べて回答してもらうことにしたのだ。
出口での入力は面倒な作業なので、ノベルティとしてオシャレボールペンを用意した。(本当は通販で大量購入したごくごく普通の2色ボールペン・・・笑)

ankert13

そしたらどうだろう。
そのボールペン目当ての方は全くといっていいほどいないが、ほとんどの方が抵抗なく協力してくれた。来場者にとっても今やタブレットは当たり前のツールのようだ。シュッシュッといとも簡単に操作される。こちらが危惧する必要はなかった。

イマドキ感もいいのだが、何よりこちらとして有難いのは後処理。一日終えた時点でアンケート結果をチェックすると、CSV状態にきれいに処理されている。これまで苦労していた入力作業が完全に不要に・・・。これは便利と、その業務に関わらない僕でも単純に理解することができる。

数年前であれば、この作業にかかる開発や構築にかかるコストは相当だったろうが、今はそうではない。イニシャルにかかる費用も驚くほど少ない。とても便利な時代。
この手のツールの出現で、別の業界が淘汰の危機にさらされるわけだが、それを憂いても仕方がない。どんどん時代は変化し続けるのだ。

今回の転職フェアは第126回。既に23年の歴史になる。イベントそのものは同じでも中味は時代と共に変化していく。
こんな小さな業務の改善からそんなことを感じた。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

よりよい春休みの過ごし方

先週からスタートした春のインターンシップは本日で終了。
親しい大学から依頼を受けて、3名の大学2年生にこの2週間の間、就業体験をしてもらった。夏のインターンシップはどこの大学でも当たり前のように実施しているが、春の実施は少ない。受け入れ先の企業も少ないため、学生に容赦なく働かせる我が社でも希望者は多いようだ(笑)。

大学2年生段階では就職の意識より、むしろ世の中の仕組みを知りたいという気持ちが強く働くようだ。まだあどけなさが残る学生が(失礼かな・・・)、そんな想いで参加してくれた。
体験することは夏のインターンシップとほとんど変わらない。座学、営業同行、電話対応、原稿作成、イベント運営と一通りの業務を行う。僕は毎年座学を担当し、いくつかのテーマに沿って、学びの場を提供する。

int131

僕としてはできるだけリラックスさせ話しやすい雰囲気を作っているつもりだが、受ける本人はそんなことは全くないようだ。緊張しまくって、お腹を壊してしまうこともあったり・・・。
こんな人間でも立派そうな大人に見えるのかな(笑)。営業同行ではお客様に注意されたこともあったようだが、それも学生にとってはいい経験。
一つ一つの経験が自覚を芽生えさせ、成長に近づいていく。社会を知るには実体験が一番なのだ。

インターンシップの最後となるイベント運営の仕事では、このように自然な笑顔も見せてくれるようになった。(といっても、まだ硬いかな・・・笑)

int132

昨日も一生懸命、イベント会場で来場者に声を掛け、与えられた仕事を爽やかにこなしていた。

学生にとって、春休みは最も気持ちがラクで、何のプレッシャーもない一番過ごしやすい期間だろう。アルバイトで多く稼ぐこともできるわけだし、旅行するにも値打ちな金額で楽しむことができるだろう。
一銭の収入にもならず、楽しいというよりは大変な事ばかりのインターンシップ。友達と遊ぶ時間も限られ、学生によっては何の価値もないものかもしれない。

でも、僕は思う。
この過ごした時間はお金を稼ぐよりも大切で、友達と遊ぶよりも重要だと・・・。
そんな風に少しでも思ってくれたら、本当に嬉しいのだけれど、どうかな?

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

今だからこそ「デフレの正体」かも・・・

昨日は「デフレの正体」の著者である藻谷浩介氏の講演に参加。
「円高・デフレ経済下における地域戦略」というタイトルだが、連日報道されるニュースからするとちょっと違和感が出るかもしれない。円安、インフレというワードがオンパレードの日々にニュースを目にすると・・・。

昨年11月に考えられた講演タイトルということなので致し方ないのかもしれないし、実際の講演内容も円安、デフレであろうと全く関係のない聞き応えのあるものなので、何ら問題はなかった。円高だろうが円安だろうが関係なく楽しめた2時間であった。

藻谷氏が出演するTV番組は一度も見たことがない。そのため、以前読んだ「デフレの正体」から人物像をイメージしたため、地味で真面目で固い話をされるのではと勝手に想像していた。

ところがである。そんなイメージさせる面は微塵もなく、まるで漫談家のような喋り方。舞台全体を使いオーバーアクションもあり、かなりきわどい表現もあり、時には聴衆者を強引に参加させる聴く者を全く飽きさせない手法。

僕自身、午後の時間帯の講演は眠気に誘われることが多いのだが、気がつけば2時間という時間が過ぎていた。
経済を中心とした講演の場合、結構難解な解説や専門用語が披露され、ついていくのがやっとというケースが多いが(単にレベルが低いとも言いますが・・・)、今回は分かりやすくデータも活用されて納得感の高い内容。腹落ちすることが多かった。

データの読み方も明確で、一般的に報道されている情報がいかに曖昧で根拠のないものかがよく分かった。
1年、2年の短いレンジで情報を読み取ることも大切だが、10年、20年でトレンドを掴むことも重要。そこにこそ説得力のある情報が網羅されていることが多い。
円高が輸出をダメにしているとか、景気の変動が雇用に一番影響しているだとか、一見常識だと思っていたことが錯覚だったり・・・。

これは僕の完全な無知でしかないが、日本の貿易赤字についても随分と誤った見方をしていた。中国や韓国などアジア各国や欧米のほとんどに対しては黒字。EU圏でいえば、フランス、イタリアに赤字で、それもワインなどの食料品の占める割合が高い。あとは圧倒的にアラブ諸国。
日本の国際競争力が劣っているわけではないのはここでも証明された。なるほど・・・。やっぱ、もっと勉強しないといけないな・・・。

そして、日本がやるべきこと。
結論だけ言ってしまえば、1%でも2%でも人件費を上げること。この点において安倍政権を肯定されていたと共にかなり強調されていた。そして、「デフレの正体」に書かれているのことも・・・。

defure

以前読んだのだが、すっかり抜け落ちている。今、こんな時期だからこそ、もう一度読んでみるべきなのかもしれない。
いい学びの講演だった。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : デフレの正体

映画「桐島、部活やめるってよ」

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
(2013/02/15)
神木隆之介、橋本愛 他

商品詳細を見る

知っていることといえば、原作の朝井リョウ氏が先日の直木賞受賞者であり、同じ岐阜県出身であることとこの映画がキネマ旬報で高い評価を得ていたことくらい。
どんなストーリーであるか、原作とどう違うかは全く知らないまま、この映画を観た。

DVDのパッケージでも販促用に商材でも使われているのはオタクチックな役を演じる神木隆之介だが、本当はモヤモヤした気持ちを抱えながら日々を過ごす高校生役の東出昌大ではないだろうか・・・。他にも主役級の出演者は何人もいるので、特に拘る必要はないのかもしれないけど。

タイトルにもなっている桐島はこの映画で一切出て来ない(ちょっと語弊があるかもしれないが)。その出てこない人物に高校生たちは振り回され、高校生らしい感情で揺れ動いていく。

段々年齢を重ねていくと、悲しいかなこの映画で描かれる感情は薄れていく。昔はそんな感情を随分と大切にしていたはず。それが自分のコンプレックスだったり、照れくささだったりする結構情けないものも含めて。
知らず知らずのうちに、また多くの経験を積み重ねることで忘れてしまうのだ。映画を観ながら、つくづく大人はつまらないなとも思ってしまう。ほんの瞬間的な時間でしかないが・・・。

この映画が今どきの高校生を忠実に描いているかどうかはわからない。同世代が共感して観ることができるのかもわからない。
ただ40歳半ばのオッサンが感情移入できるのも事実。これも青春なんだと。何か美しい。

ちょっと解せないのが映画部の取り扱われ方。あんなオタクっぽい連中ばかりではないはずだ。世間一般的にはきっとそう見られてしまうんだろうなあ~、何だか何だが・・・(笑)。

映画の中で出てくる映画、塚本晋也監督の「鉄男」。健全な女子高生は観ないでしょ(笑)。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 桐島、部活やめるってよ

行かなきゃ、なにも始まらないのだ!

今週末8日(金)・9日(土)は、今期最後の転職フェア
各企業の人事担当の方も年度末で何かとバタバタとお忙しいと思う。そんな大変な時期でもあるが、今回はおよそ70社の企業さんに出展頂く。本当にありがたいことだ。

特に今回は全体の3割近くのクライアントが初めてこの転職フェアへの参加。ネット媒体が主流の中、こうしたアナログの手法が評価頂けるのは主催者側としては嬉しい限り。何としてでも満足度を高めなければならない。

転職を煽っているわけではないが、前回同様、TVCMも積極的に流している。こんな感じで・・・。



出展企業も実に多彩。名大社らしく地元の地味な堅実企業も多いが、東海屈指の百貨店やインテリア商社、創業90年以上の名証上場企業、業界トップの外食向け設備メーカー、名古屋を代表するカフェチェーンなど業種も求める職種もさまざま。ここでしか聞けない話もきっと多いはず。

また、今春卒業予定の学生さんを同時募集する企業も40社以上あり、就職活動を継続している方にとっては最後のチャンスとなりそうだ。焦らず諦めずこの機会を利用してもらいたい。

離職者向けやエンジニア向けのセミナーやCDAによる就職相談コーナーも毎回好評頂いている。東海地区以外で働きたい方には「ふるさと就職応援ネットワーク」ブースで全国の情報も発信。
とPRテンコ盛りで申し訳ないけど・・・(笑)
CMではないが「行かなきゃ、なにも始まらない」なのだ。

イベントの詳細はこちら
<日時>2013年3月8日(金)・9日(土)
     11:00~17:00
<会場>ウインクあいち 8階展示場
    名古屋駅徒歩すぐ


そう、会わなきゃ、なにも伝わらないし・・・。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 転職フェア

どうなるドラゴンズ、どうなるグランパス

昨日からプロ野球はオープン戦。
WBCの開幕で地味にスタートしたオープン戦だが、義母から頂いたチケットでナゴヤドームまで息子と一緒に出向いた。

先発はエース吉見。

dra133

投手戦といえば聞こえはいいが、対戦相手のカープもドラゴンズも全然打てない。初戦だからこんなものだろうか・・・。

三塁側やレフト側の観客席は寂しい。

dra135

ライト側の外野席の熱い声援だけが選手達に届いている。

dra131

そして、昨日はJリーグのか開幕戦でもある。
どちらかといえば僕はこちらの方が気になる。我らグランパスの相手はジュビロ。ジュビロにはデスゴールを決めるFW前田の存在が・・・。

前田が初得点を決めた試合の相手チームはJ2に降格するという伝説がまことしやかに流れている。実際に昨年のガンバもまさかの降格。優勝を狙うチームが降格では話にならない。そんなことも気になり、野球を観戦しながら、twitter等でグランパスの状況も確認していた。

結果的には1対1のドローで前田のゴールもなかったので、降格は免れるだろうが(笑)、当然のように喜べる結果ではない。昨年のような中途半端な成績でも困るので、奮起して勝利してもらいたい。

打線が繋がらないつまらないオープン戦の唯一の良かった点は次から次へと投手が出てくるところだ。
吉見→大野→伊藤→山井とドンドン送り出されるのはいい。それでもゲーム中に選手はダッシュ練習したりとのんびりしたもんだ。

dra132

昨年はノンタイトルの両チーム。どちらも優勝争いに食い込むチーム作りをしているわけだから、ぜひ、こちらの期待に応えて欲しい。

頼むよ、ドラゴンズ!
頼むよ、グランパス!

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-