FC2ブログ

映画「かぞくのくに」

かぞくのくに [DVD]かぞくのくに [DVD]
(2013/03/22)
安藤サクラ、井浦新 他

商品詳細を見る

あり得ないようであり得て、遠い世界のようで身近なことなのかもしれない。
我々の住んでいる環境がいかに幸せで自由かを理解しようと思うと、そうでない世界と比較するのが一番。ものを考える自由を奪われるのはどれくらい辛いか想像はできないが、実際に思考停止の状態が幸せというのも恐ろしい。考える苦しさを頻繁に経験するが、それがいかに贅沢な悩みかはこの映画を通して知ることは可能。

この映画はそんなことを訴えたいわけではなく、もっと別の深さがあるのだが、そんな風な見方も一つだろう。これがただのフィクションではなく、監督自身の実体験を基に製作されているというから説得力も高い。
ほとばしる緊張感が淡々としたストーリーを引っ張り、冷静そうに装っている井浦新演じるソンホの瞬間的な感情や笑顔が存在としてのもの悲しさを強くさせる。一人静かに観るべき映画だろう。

kazokukuni

ハリーポッターを観ながら喜んでいる子供たちに見せたいが、まだ時期尚早で理解は遠い先になるだろう。そのあたりも興味を示してくれると嬉しいのだけれど・・・。

映画を観ながら気づいたこと。
晴れた日のシーンがほとんどない。ワンカットが長く出演者を追い続ける。これはドキュメンタリータッチに描くための意図的な演出なのかもしれないが、効果的に働いているように思う。出演者の配役もマッチしている。
宮崎美子はすっかりお母さん役がはまり役だ。それも不幸な環境にありながら気丈に明るく振る舞う役が多いように思う。映画「悪人」も同様。いい年の重ね方をされているのかな・・・。

このような社会派ドラマは感想も結構気を遣うが(笑)、いろいろ騒がしい今の状況だからこそ観ておくべき作品であるのは間違いない。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : かぞくのくに

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-