FC2ブログ

中小企業サバイバル新時代

今週はそれほど多忙でもないのに、振り回されている週。大学生の就職活動のスタートを4年生の4月以降にしようという政府の要請を経団連が容認の方向であると新聞に大々的に取り上げられたからだ。

この報道により業界内はちょっとした騒ぎになった。既に15年卒向けの就職サイトやイベントの準備をしている同業他社も多く、混乱を招いた。
結論としてはまだはっきりしないモヤモヤ状態だが、我々としてはやれること、やるべきことを明確に打ち出し、企業、学生のサポートをしていくだけしかない。

どうあるべきかは個人的な見解となってしまうので、一定の方向性が定まった段階で述べたいとも思うが、懸念されるのは我々がお手伝いすることの多い中小企業の存在。時期がずれることでかなりの影響が出ることは必至。様子を窺いながら、対策も練らねばならない。

そんな中で久々に見たのが一昨日の「ガイアの夜明け」
「手を組んで生き残れ!~中小企業サバイバル新時代~」というタイトルで、中小企業が生き残っていくためのいくつかの取組みが放送されたのだ。

同じ中小企業として、またその支援をする者として共感も含めながら熱い眼差しで番組を観た。内容はWebで紹介されている通りなので割愛するが、中小企業でも技術力やアイデア次第で勝負できることはいくらでもあるということ。健全なM&Aやアライアンスによって、苦境に陥っていた企業が再生することも可能。
最後まで諦めず挑戦すれば、競争相手が大手であろうと海外であろうと戦っていくことはできる。僕が全く知らなかった企業のリアルな姿を見て大いに勇気づけられた。同時に自分の努力不足を痛感したのはツラいけど・・・。

今回の特集を見て、こういった企業を自分たちがもっとクローズアップさせ、学生や社会人に対し企業の魅力を訴求することはできないかとも感じた。もっと企業の事業領域に入り込み、理解し興味を持ってもらい、最終的には職業選択のキッカケとなる場を作ることができないかと・・・。

そうすれば中小企業の魅力がダイレクトに伝わり、波及効果も生まれてくるのではないかとも考える。これをモノづくりが強い愛知県で出来たら喜ぶ人も増えるだろう。仕事の裾野も広がるだろうし。
簡単ではないが不可能でもない。そんなことを仕事にできたら幸せだろうなあと思いながら。

その前にサバイバル新時代に自分たちが生き残っていかねばならないのだけれど・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ガイアの夜明け

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-