fc2ブログ

社長は営業すべきかどうか・・・。

一昨日は株式会社武蔵野の小山昇社長の講演に参加。小山氏の著書はこのブログでも紹介したことはあったし、CDは何度も拝聴した。
社長の心構えや行動について厳しい言葉を頂きながら、学ばせてもらった。今回の講演でも共感する面は多かった。自分の未熟さは棚に上げて、中小企業のトップとしてやらなばならないことも十分理解した。

しかし、それが全てではない。僕が少し疑問に思う点もいくつかあった。
小山氏は社長自ら営業しろと強く言われる。大局的な意味では大賛成で、トップが営業することにより会社が伸びるのも事実。

それは単に売上の話だけではない。会社の信用度であったり、考え方であったり、働く魅力であったりと様々。このブログは何ら売上貢献もしていないし、会社の信用度が増しているわけでもないが、僕としてはこれも営業のひとつと捉えている。
(バカバカしいと仰られる方が多いのも覚悟の上です・・・。)
都合よく言えば、外でいろんな人と飲むのも同じと言える。行動の全てが営業と言っていいと思う。だから小山氏の言葉に異論はない。

ただ小山氏は社長がどんどん飛び込み営業をしろと言われる。それで成果が上がれば、社員もやらざるを得ない環境となるし、結果として会社も伸びる。社員はサボれないというわけだ。
確かにそうだ。だが、本当にそれでいいのかとも思う。飛び込みが嫌だと言っているわけではない。実際、20年間ずっと営業はしてきたわけだから、抵抗もない。いざとなればそれくらいの覚悟はある。

しかし、それは働く者にとって本当にいいことであろうかと思う。
社員のモチベーションのひとつに社長という存在はあるはず。最終ゴールが社長とは言わないが、トップを目指し、仕事を頑張ることも必要。
魅力のないトップは魅力のない会社となり、その先の人生を会社に賭けていくことができるだろうか。トップの仕事が魅力的に映らなければ、会社に夢も描けないのではないだろうか。

社長がガンガン飛び込み営業をしている会社の社員はそれを見てどう感じるだろう。僕が社員だったら「そんなことしないで下さい。」と思うだろうし、きっとうちのメンバーも同様に感じるだろう。
これも勝手な解釈で都合よく言えば、「社長はそんな営業しないで下さい。僕たちがやります。」と言ってくれるだろう。今のメンバーの仕事ぶりや発言を見れば自信を持って言えることだし、誇りにも感じることだ。そこには規模の大小は関係ない。

だからこそ僕の責任は重いわけだし、本来課さねばならない自分自身の仕事がある。それは何かと言われるとブログが終わりそうにないので(笑)、簡単には言えないけど・・・。

若輩者の戯言と思われるかもしれない。まだ本当の経営を分かっていないと言われるのかもしれない。それでも僕は理想を描いていくことを止めてはいけない。それが仲間の理想につながると信じて・・・。
一昨日の講演を伺いながら、生意気にもそんなことを感じてしまった。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-