スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繁栄する同族経営とは・・・

douzoku1311

27日(水)の目黒雅叙園で一体何が行われていたのか・・・。
ご一緒した僕の師匠(オンとオフの・・・笑)に「雅叙園の旅ブログを書いている場合でなく、ちゃんと報告しなさい!」と指摘を受けたこともあり(笑)、その内容について触れてみたい。

今回、僕が参加させて頂いたのは「これから100年・3代繁栄する同族経営の定石と仕組み」というタイトルのセミナー。

ただ僕がその対象かといえばそうではない。100年続く企業を作っていかなければならないのは事実だが、会社は親から経営を任され子供に引き継いでいく同族経営ではない。一応、45年の歴史を有する会社であるため、創業者でもない。何とも表現のしづらい立場であるが、一番の責任者であることは間違いない。何なんでしょね・・・。

ただ僕の周りの経営者は上場企業や創業者以外では同族企業が中心。圧倒的にその割合が高い。仲のいい経営者仲間も二代目、三代目が多い。

僕は今の立場になる以前はそんな同族経営を否定的に見ていた。能力に関係なく、会社のトップになれる有利な存在ぐらいにしか思っていなかった。
今思えば、かなり愚かな考え。その立場の方と付き合うに従って、その苦労や厳しさ、プレッシャーの半端なさを感じるようになった。
中には道楽放蕩息子もいるだろうが、そんな割合は少なく、日夜闘ってる方ばかり。同世代の経営者とお付き合いさせてもらいながら、学ぶべき点は多い。

そして、いずれ訪れるのが後継者問題。事業継承や相続という観点も相当大きな問題だと思うのだが、対策で講じられるのは税金対策がほとんどだったりする。

本来の業務における理念の浸透や非ファミリー社員との関係性について論じられることは少ないように感じる。特にカリスマ社長がトップダウン型の経営を何十年もやってこられた後を継ぐのは相当難しい。組織が硬直化していることも考えられる。そんなケースに対してアドバイスをしていくのが今回のセミナー。
参加者は50名程度。遠いところでは九州や四国からの参加者もおられ、関心度の高さを物語っていた。

今回の講師は西川盛朗氏。
ジョンソン社の日本法人の社長を経験された後、米国本社の副社長も歴任された方。バリバリの同族企業でトップの信頼を得ながら、規律、仕組み、考え方を実務の中で身につけてこられた。現在はファミリービジネスコンサルタントとして活躍されている。
当日、ご挨拶させて頂いたが60歳代後半とは思えない若々しさと明るさ。すぐに惹きこまれてしまった。

日本は世界一の長寿企業大国で、そのほとんどがファミリービジネス(FB)。世界のGDPの70~80%はFBが作り出しているという。その中でも日本は間違いなく成功している国なのだが、持続的に発展するための研究は遅れているとのこと。FBであることに誇りを持てないオーナーも多いらしい。

西川氏はそんなデータ的な話から、ジョンソン社での経験、代々の繁栄を築いていくために大切なこと、長く繁栄するために必要な条件など話していただいた。

自分自身には必ずしも該当しないが、新たな発見が多数あり、今後生かすべきポイントは掴めてきた。また、終日、話を伺って、自分も何か役に立てることはないだろうかと思えるようになってきた。

大げさに言えば、我々の事業は人材採用を通じて企業の成長をサポートする仕事。であれば、このようなファミリービジネスをサポートすることができてもいいのではないかと・・・。

それが僕に相応しいかは別にして(笑)、この東海地区にFBに関する悩みを抱えられた経営者は多いと感じるわけだし・・・。と頭の中がグルグルと回り始めた。
まずはファミリービジネスアドバイザーの資格を取得するのもいいかもしれない。

内容に触れてみたいと書きながら、あーだこーだ言ってうるちに肝心な内容には触れないまま終わってしまうが、少しは理解してもらえただろうか?
再び「ちゃんと報告しなさい!」と叱られそうだが(笑)、まずはこのあたりで第一弾は終了。

FBに対する印象が劇的に変わったのは言うまでもない。
ブログタイトルは完全に裏切行為だけど・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

いつかは泊まりたい目黒雅叙園

今日のブログは全く中味がない。単にネタ不足、時間不足の場つなぎの要素しかないのではないか・・・。と予め言い訳をしておく(笑)。

昨日は初めて山手線目黒駅で下車し、目黒雅叙園に向かった。急激な下り坂。へ~、こんなホテルがあるんだというのが第一印象。

gajoen4

名古屋でいうウエスティンナゴヤキャッスルもマリオットも遠く及ばない。こんなホテル見たことがないというのが田舎者の正直な感想。

仕事で訪れたわけだが、これまでお邪魔したホテルとテイストが全く違う。緊張してしまうではないか・・・。

gajoen2

ホテル内に茅葺き風に作られた日本料理店にも感動したが、お手洗いにも驚いた。さすがに写真撮影は遠慮したが、雅叙園の持つ歴史と伝統、こだわりを感じ得ずにはいられなかった。

gajoen3

この日は終日、宴会会場で仕事をさせてもらい勉強になるとともに今後のビジネスに役立たせてもらった。
ランチは豪華に和食かステーキかとも思ったが、お値段も一流(笑)。1階のカフェラウンジでイタリアンモッツァレラバーガーをほおばることとなった。

クリスマスシーズン到来で、館内も電飾パレード状態。これを見に来るだけでもいいデートになりそうだ。

gajoen1

宿泊するといくらだろうかと楽天トラベルで調べてみると一泊35000円程度。う~ん・・・。素晴らしい。到底ムリだ(苦笑)。しかし、いつかは泊まれる時を迎えてみたい。

なんともぐうたらなブログになってしまったが、こんな機会でないと雅叙園に伺うこともない。いい経験をさせてもらいました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

グリード (上)

グリード 上グリード 上
(2013/10/30)
真山 仁

商品詳細を見る

書評は下巻も読んでからにしたいと思う。
だったら紹介するなよと言われるかもしれないが、それには大きな理由がある。そう、今週30日(土)にあの伝説の「ハゲタカ」鑑賞会に続く続編「映画『ハゲタカ』」鑑賞会が実施されるのだ。

映画「ハゲタカ」が上映されたのが2009年。リーマンショックの翌年である。僕はこの映画をワークシェアリングで会社が休みの時に観た。
この「グリード」の前篇にあたる「レッドゾーン」は映画の上映後に読んだ。「レッドゾーン」は購入したのではなく図書館で借りた。給与が大幅に減り、本を買うお金さえも惜しかったからだ。リーマンショック後、一気に不況に陥り、これまで経験した事のない経済下で仕事をしていた。

本書「グリード」はハゲタカシリーズの第四弾として、そのリーマンショック前後の事が書かれている。フィクションとノンフィクションを掛け合わせた作品になるのだが、本書を読みながら、当時の悲惨な状況を思い出していた。まだ4~5年しか経っていないというのは不思議な感覚だな・・・。

ドラマや映画の鷲津政彦と原作の鷲津政彦は全くイメージが異なる。それは「倍返し」でブレイクした半沢直樹に近い。どっちもいい(それはドラマも映画も両方という意味)。そのギャップも面白い。

しかし、その中でもあまりイメージが変わらない人物も存在する。元三葉銀行の頭取でドラマでも圧倒的な存在感を示した飯島亮介。本書でも肝心な場面で登場する。そして、主人公鷲津政彦に対して言う。

「立派やなあ、あまえは。いっつも、立派や。けど、それが仇になるかもしれんぞ」
これに近い名セリフがドラマでもあったぞ。ハッハ~ンと感心するのは3人くらいかと想像するが(笑)、何となく嬉しい。

この「グリード」の話題が出るかどうかは分からないが、下巻同様、今週末も楽しみだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : グリード レッドゾーン

かなりハードな日曜日

昨日は休日にも関わらず結構、ハードな一日だった。
ブログをアップした後、6時過ぎからランニング。約2時間45分、28kmのRUN。30kmは走りたかったが力足らず。

帰宅後、シャワーを浴びるものの食事をする時間はない。すぐに次の予定が入るからだ。自宅を改修するために知り合いの社長と打ち合わせ。あ~だこ~だで1時間。女性は判断に時間がかかるが、家のことは口出さない方が上手くいく。僕はうんうんとうなずくだけ(笑)。

打ち合わせ終了後、速攻10分で食事をし、外出。所属する団体の地区大会に参加するためにウェスティンナゴヤキャッスルに出掛けたのだ。
12:30からみっちり5時間。僕は撮影係を与えられているため、いそいそと動き回る。延々に続く挨拶や表彰を撮影。結構、大切な仕事なのだ。

記念講演はトヨタ自動車名誉会長の張富士夫氏。「グローバル時代の企業経営」という演題で90分の講演を頂いた。
現在、トヨタのシェアは国内49%、愛知県61%。圧倒的ですね。2兆円の営業利益もうなずけるわけだ。凄いね!。疲れから途中落ちかけてしまった時間もあったが(苦笑)、張氏のアメリカでの責任者時代の話を中心に参考になる話を聞くことができた。

ようやく7時に帰宅。朝のランニングがほとんど原因だが、本来、体を休めるはずの日曜日はかなり疲れることに・・・。
先日、クライアントから購入したボジョレー・ヌーボーでその疲れを癒す。

haro1311

ようやく落ち着ける時間となった。

そんなハードな日曜日。僕は結構、好きだったりする。
やっぱりマゾの要素があるのかな・・・(笑)

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

残念な人にならないために・・・。

今週火曜日に出席した日本経済新聞のセミナー。(なんだがセミナーばっかり行ってるようで、仕事してないみたい(笑)。夜ですからね、夜。)
講師は愛知県出身で「残念な人」シリーズ(?)で有名な山崎将志氏。申し訳ないけど、著書を一冊も読んだことがない。すみません・・・。

ただご活躍は存じ上げている。たまにテレビでもお見かけし、誰かに似ているなあとずっと講演中も考えていた。そして、誰に似ているか判明した。
そう、お笑いコンビしずるの池田一真さん!。そんな事を思っているのは僕だけだろうか・・・(笑)。

この山崎氏、自虐的に話はされているが、講演内容を伺っているだけで実に頭がいい人であるのがわかる。元コンサルタントという職業から論理的に話をされるのもその要因だが、物事に対する目の付け所が鋭く、普通であれば見逃してしまいそうな些細な事柄からビジネスチャンスを導き出す。
隠された重要課題の発見能力とそこから次につなげる発想力には大いに感服。漫然と生きている自分がいかにボケているかを痛感してしまった。

山崎氏が得意とするテーマ「残念な人」は能力がないわけではなく、もったいない人のことをいう。仕事の成果は能力×ヤル気×プライオリティ。

プライオリティが欠けることが多いようだ。そこを見極めることでもったいない人から解放される。確かにそんな空回りする人はよく見かける。「山田さん、アナタでしょ!」と言われる方も多いだろうが、僕はそこそこ要領はいい。と自分では思っている(笑)。

今回のセミナーでは残念な人から脱し、成果を出す思考法について学ばせて頂いた。詳しく書くことはできないが、大事なのは3点。
「大きく構える」「利他のサイクル」「損してトクとれ」。このシンプルなワードだけでは何もイメージできないかもしれないが、思考を鍛えるには教えてもらうのではなく、無理やりにでもイメージする事かもしれない。

残念ながら講演から5日経つと僕もかなり忘れてしまっている。残念な人だ・・・。
言えるのはヒントはそこらじゅうに転がっているということ。新聞や本を読んで情報収集することも街を歩くことも、このような講演に参加することもその材料。見過ごさないことだ。ダラダラに見過ごしている僕は残念極まりないが、それに気づいただけでも成果があったといえよう。

う~ん、かなり厳しい言い訳だな・・・。ちゃんと事業家の視点で世の中を視ようよ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ワークライフバランスを考える。

昨日は厚生労働省が主催する「休暇制度で、会社を強くする」というセミナーに参加。休暇制度を増やすことで会社を元気にすることを目的としたセミナーだが、僕は半信半疑で出席した。

休みに対しての考え方は、自分自身の古い体質が抜けきらないのが現状。休みを取らず働く事が美しいと体に染みついている面がないとは言い難い。そろそろそこから脱皮しないといけないと思いつつも、古い価値観のままでいたりする。

これから先の働き方を考える経営者としては失格なので、記念日休暇やノー残業デーを設けたりしているのだが、本質的にはまだまだ未熟。
そんな意味では昨日のセミナーはかなり腹落ちし、新しい考え方を自分自身にもたらしたと言える。どうしても「休みが多い=売上減少」と捉えがちだが、多分、その事を信じている段階で効率的な経営はできない。

今の自社に当てはめてみても、誰かが交代で平日に休んだところで、仕事に支障をきたすわけでもないし、売上が下がるわけでもない。上手くローテーションでカバーすればいいわけだし、逆に平日休みを取ることでリフレッシュし、その後の仕事に好影響を及ぼすことも多い。10月の沖縄への社員旅行もそれに近い。

今回のセミナーでは社員と会社が元気になる休暇制度を導入するユニークな企業の実例を紹介しながら、その効果について言及されていた。
特に中小企業ではそんな制度を導入することにより、メリットは多いという。人材確保に優位性を持たせる、離職率を下げる、オンとオフの切り替えにより新しいヒラメキが生まれるなど・・・。

ラクをしようと思う人が増えるなんて言う発想も古いようだ(笑)。仕事への集中度を高めメリハリをつける意味では休暇や時短は必要になってくるのかもしれない。ハードワークも大切だと思っている僕自身の固定概念を壊さないといけないかも(苦笑)。きっと両輪なんだろうけど・・・。

第二部の東レ経営研究所のコンサルタント渥美由喜氏の講演も僕に与えた影響は大きかった。東レ経営研究所といえば佐々木常夫氏が有名で、この方の講演会でも勉強させてもらったが、渥美氏の話も負けず劣らず素晴らしい内容。

いい意味でも悪い意味でも佐々木氏と同じよな境遇の中で仕事され、その中で完璧なロジックとこれからの仕事への価値観の提案をされている。ワークライフバランスというとどうしてもプライベートの充実ばかりクローズアップされるが、実際にはそうではない。
介護や育児を真剣に考えた場合、その重要性は増す。その観点を僕自身が持たないと社員全員にシアワセを提供するのは難しい。その先の先まで考えなければならないのだ。

課題満載であることは間違いないが、ワークライフバランスについて向き合えたのはいい機会であった。ありがとうございました。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

三人の父親

僕には三人の父親がいる。
一人は今も健在の実父。もう一人は5年前に亡くなった義父。そして、3人目は昨年逝去した前社長。いずれも僕の父親だ。

昨日は前社長の一周忌。和やかな雰囲気の中で行われた。
お経を読む前に和尚が話をされた。「”忌”という文字はどちらかと言えばいい意味では捉えられない。しかし、この文字は己の心と書く。辛いお経の時間を偉人との関わりを思い出しながら過ごしてもらいたい。」と。
45分間の正座は確かに辛かったが(笑)、僕は前社長にお世話になった20年間を思い出していた。

ほとんど叱責されっぱなしの20年間だった。一番厳しかった時は前のブログにも書いた通りだが、それ以前もずっと叱られ罵倒されていた。

「お前は会社に必要ない。明日、辞表を持ってこい。」と言われたこともあるし、上司失格の烙印も何度も押された。社長室に呼ばれる時、自宅に呼ばれる時は間違いなく叱られた。それも半端なく叱られた。

会社の目指す方向の考えは一致していても、組織や人材育成の在り方はそもそも考え方が違っていたのだろう。その点で言えば、考え方を修正させる意味合いと気に入らない面とが同居し、無数の叱責に繋がったのだと思う。

それでも最終的に会社を任されたのは、名古屋の七不思議の一つだが(笑)、今、振り返ればその叱責が信頼の証だったのかもしれない。
何度も言われた「叱る」と「怒る」の違いなのかもしれない。その当時はあまり理解していなかったが・・・。

僕が社会人になり一番影響を受けたのは間違いなく前社長。実の父親よりも叱られた数は多いだろうし、語られた数多くの言葉は僕の胸に焼きついている。目の前の経営者として存在は大きかった。最終的にいい関係で終われなかったが、尊敬の念はずっと抱いている。

今、名大社がこの名古屋で事業を展開できているのも前社長の功績であるし、僕はその功績にあぐらをかいているに過ぎない。その存在がなければ、今の会社も僕も存在はない。

そんなことを思いながら、昨日の一周忌を過ごさせてもらった。
三人の父親。このことに関してはまだまだたくさん書くことが多い。自分自身が忘れてはならないこととして、文字に残さねばならない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

普通に働け

futuunihatara
普通に働け常見陽平著(イースト出版)

常見さんの勢いが止まらない気がする。今年だけで何冊の本を出されたのだろうか。超ハードすぎて体は大丈夫かな。僕が声を掛けても、もう名古屋で講演はやってくれないだろうな・・・(苦笑)。
と最近の活躍を拝見するとそう思ってしまう。

いいも悪いも著者のホンネがずばりまとめられている。僕らとは本来、目指すべき方向性が異なるため、全てに賛同するわけではないが、共感する箇所は多く、その点は納得感を持って読ませて頂いた。

民間企業で働くことは競争することである。毎日、勝敗を決めているわけではないが、要所要所では勝ち負けが明らかになる。それは点数で証明されることもあれば、表彰とかポジションとか何らかのインセンティブで証明されることもある。

僕はそこも含め、「普通に働く」と思うのだ。
かといって、全員がトップを目指すわけでもなく、ビリが追い出されるわけでもない。組織内の融和や異動によって問題が解消されることもあり、働きにくいと思われがちな日本の企業も案外、心地よかったりする。
そんなことを含め、マジメに働くことが重要で、それが「普通に働く」ことではないだろうか。

世の中はほとんどが普通の人だ。今の立場にいるとそう思われないかもしれないが、僕も普通の人だ。僕をよく知る人のほとんどは僕を平凡すぎてつまらないと思っているだろうし(笑)。
グローバル人材という言葉を必要以上に意識したり、自社がブラック企業じゃないかと疑ってみたり、そんなどうでもいいことを気にしたりする。それが健全な普通の人。

本書にも書かれている通り、世の中は変化していくとはいえ、劇的に物事が変わるわけではない。当たり前にインターネットを活用しているように、余程のことがなければ付いていくことはできる。
となると、まずは目の前をことをちゃんと見ること、取り組むことが重要。書かれている通りだ。

これは自分たちにも責任があるのかもしれないが、メディアに踊らされず、キャリアアップという言葉に騙されず、自分がやるべきことに真剣に向き合い取り組むことが大切だと思う。
「普通に働く」ことは決して間違ってはいない。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 普通に働け 常見陽平

フルマラソンに向けて その21

12月8日(日)の袋井クラウンメロンマラソンまで1か月を切った。つい先日まで、僕はこのマラソンが12月15日(日)に行われるものと信じきっていたが、一緒に走るパフ釘崎社長に指摘されこの日に開催されると確認した。危ういところだった(苦笑)。

考えれば長距離にチャレンジできる期間は2週間しかない。偉そうにマラソンブログを書いてきたが、ヤバいことになってきた。全然距離を走れていないじゃないか・・・。

ibi137

11月8日(日)に行われたいびがわマラソンもブログに書いた通り、勇気ある撤退で走らず仕舞い。正直、後悔がないとは言えない。多くの仲間は走っていたし、無理すれば走れないことはなかった。

「山田さんの立場じゃ、止めて当然!」とか「走れなかった人の分まで走るべきだ!」とか「雨の中、いい走りができた!」とか色んな声を聞く中で、複雑な心境にもなったのは事実。
意気地がないと自分を責めてみたり、経営者として当然の判断だと慰めてみたり、自分でも気持ちの整理はついていない。

だが、終わったことは仕方がない。目標に向かって気持ちを切り替えるだけ。昨日も21キロ近くLSDでチャレンジ。
残念だが、体力不足は否めない。全ては自分に責任があるということだ。大丈夫かいな・・・(笑)。

ちなみに11月からは
2日(土) 1時間41分3秒
3日(日) 38分11秒
11日(月) 27分17秒
13日(水) 26分11秒
17日(日) 2時間1分50秒

いびがわマラソンの一週間は完全にストップ。その期間が足を引っ張った。この半月ちょっとで57km。う~ん、今月も問題だ。

あとは体力とタイムマネジメントをしっかりさせ、残り3週間を着実に走力向上と安定体重で務めるしかない。頑張らねば・・・。

いびがわマラソンをキャンセルした分、次回はそう易々と止めるわけにはいかない。かなりのプレッシャー(笑)。
だが、本番までの3週間をきっちりトレーニングすることにしよう。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

ガンバレ!就活生!「就活応援フェスタ2015」

昨日は大学生向けの就活啓蒙イベント「就活応援フェスタ2015」を開催。
12月から本格的にスタートする就職活動の準備運動ともいえるイベントだ。一般的に15卒の学生はのんびりしているという。今週のふるさと就職応援ネットワークの会合でも学生の動きが鈍いと話題で出ていた。

そのため昨日のイベントはどこまで来場があるか不安な面も多かった。事前予約は入っているものの、蓋を開けてみないと分からない面もあったりと・・・。

しかし、その不安は杞憂に終わり、受付開始前から多くの学生さんが行列を作っていった。第一講演は立ち見が出るほどの数が集まり、その後の講演や各ブースも賑わいを見せていた。結果的に予想の来場を越え、500名近い学生が参加してくれた。

festa132

festa133

僕が担当した2つのパネルディスカッションも学生の満足度も高かったように思う。参考になったという声をあちこちから聞くことができた。自画自賛といいたいところだが、僕はあくまでも進行役なので、あまり関係ないのだけれど(笑)。

syuukatupane3

欲を言えば、第5講演の新東通信谷社長とジオコス伊藤社長とのセッションはもっと人が集まって欲しかった。学生の評価は高かったが、事前の告知で上手くその内容を伝えることが出来なかったのが残念。
これは僕が作ったキャッチコピーに問題があった。責任感じるなあ~(苦笑)。相当面白い話が繰り広げられただけに、ご参加頂いたお二人には申し訳ない気持ちでいっぱい。

今回のイベントではテクニックではなく本質をしっかりと見せることが出来たと思う。異口同音に”素を見せることが”重要であり、過度な演出がお互いにとって不幸をもたらすことをアピールしたつもり。
素を生かすためのトレーニングは必要だが、それは化粧を濃くすることとは違う。そこは理解してもらえただろう。

そして、何より大事なのは自分の耳や目、鼻で企業を感じること。ネットだけではダメ。業界を絞り込みすぎるのはダメと就活の初期段階で気を付けなければならないことは十分に伝わったはず。やっぱり自画自賛(笑)。

何名かの学生と直接会話していく中で、彼ら彼女らの表情がどんどん明るくなっていくのを感じ取れた。就活のネガティブなイメージを払しょくできたのだろう。

今回、初めてジョイントしたパフ運営の「職サークル」も学生を巻き込み盛り上がっていた。こんな手法も学生を元気づける。

festa131

明るい兆しが見え始めている15卒の就職戦線。それでも一定の危機感を持って、それでも楽しみながら、その活動に臨んでほしい。
僕らができることは限られているが、少しでもそのことを感じてもらえるなら嬉しいことだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。