FC2ブログ

内定者からの手紙

twgami14

今年春2名の新卒が入社する予定になっている。最近はイベントのお手伝いを含め頻繁に顔を出しているので、会社のメンバーともかなり親しくなっているようだ。つい先日も若手の飲み会に参加し、懇親を深めながら盛り上がったとのこと。

「社会人の飲み方って、凄いですね。驚きました!」と喜んでいいのか悲しんでいいのか分からないコメントを先週のイベントの休憩時にも僕に話してくれた。
卒業まであと2か月足らずだが、最後の学生生活を謳歌しつつ、社会人への準備をしてもらいたい。

そんな中、内定者研修の一環ではあるが、僕と内定者との手紙のやり取りの場を設けてもらった。僕が内定者にこれから彼らに期待することや会社の想いを手紙に書き本人に渡す。

意外かもしれないが、これでも僕はかなり照れ屋で正面切って相手を褒めたり、愛情表現することが苦手だ。未だに嫁さんの名前を呼ぶこともできない(笑)。多くの面前では問題ないが、対個人となるとどうしても恥ずかしくなってしまう。

それを考えると手紙は有効的な手段。僕の一方的な期待や想いを内定者に伝えることができる。彼らは先週末のイベントの際、その返事を持参してきた。
社会人としてどう成長すべきか、名大社の一員としてどう頑張っていきたいか、真剣な気持ちが伝わる手紙だった。嬉しくもあり、何度も読み返してしまった。

これからいろんな経験をしていくと思う。いいことよりは辛いことの方が多いかもしれない。当初の想いを忘れてしまう状況もあるかもしれない。そんな時はこの手紙に書いたことを思い出してほしい。社会に出る前の緊張感に包まれた今の気持ちが大切だと思うし。

もし投げやりになるような時があれば、この手紙を差し出して「オラオラ、こんなことを書いてたぞ~」といじめるのもいいかもしれない(笑)。

それはともかく、この手紙を通してお互いの距離感が縮まったのは確か。こういう場はもっと他にも必要かも。
一番必要なのは家庭のような気もするけど・・・(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-