FC2ブログ

若者とどう向き合うか

tyuoukai14

本日は生まれ育った岐阜で講演のお仕事。岐阜県中小企業団体中央会から依頼を頂き、県内企業の採用担当者に話をさせてもらう。参加企業の中には僕が以前、営業担当だったクライアントも出席されるため、少しばかり緊張も・・・。

午後からは中央会主催の合同説明会もあり、そんな場で僕が喋ってもいいのかという気もするが(笑)、これもご縁という事で前向きに捉えておく。

テーマは「新卒者等の採用、人材定着のポイント」という幅の広い内容。人材定着に関しては、正直、専門分野とは言えないが、普段の業務の中で僕が考え行動していることとこれまで学んだことを話したいと思う。

先日、参加したトーマツの新入社員教育向け研修でも同様のことを感じたわけだが、今のゆとりと言われる世代に対して、こちら側がどう接するかが重要であろう。ゆとり世代は一般的に否定的に捉えられるケースが多いが、これは一方的な見方でもある。

僕らが新人類と言われ、否定的に見られたのと同じで「それって、オレたちのせい?」と思っていたのと一緒。本人たちに責任を求めすぎるのは自分勝手で、その外部環境を作ってきた自分たちに責任があるともいえる。
そうだとすれば、真摯に向き合い育てることに力を注がねばならない。

どの企業でも新人の即戦力化を図りたいのは当然のこと。うちの会社でもそう思う。しかし、それは難しい。普段の仕事の中で物足りなく感じ、若手に対して「オメエはたりいなあ~」とパワハラ的な発言をすることもしばしば。
知らない方から見ればなんて酷い会社なんだとお叱りを受けるかもしれないが、それでも素直に受け止められる信頼関係、人間関係を作ることが大切。

若手から「ちょっと待った!」と手を挙げられてしまうかもしれないが(笑)、僕はそう思う。
お互い腹を割れる環境を作り、自律性を求めていく。そのための仕組みが重要で、強制的にやらせる仕事と自らの意志でやらせる仕事との両面をバランスよく経験させる。

成功体験を早く感じれる時がくればいいが、失敗の連続でもそれを認めていく。どの世代に限らず、仕事を任させられることには喜びを感じるだろうし、ヤル気も上昇するだろう。実行は簡単そうで簡単でないのが現実なんだろうが、相手を信じて繰り返すしかない。
そんな風にして少しずつ成長していくだろうし、全体で見守る環境があれば、自ずとロイヤリティも上がるだろう。

そんな話が相応しいかどうかはわからないが、そのあたりも交えながら話したい。テーマの中心である「求める人材を採用する方法」「学生の動向」でほとんどの時間を使ってしまうとは思うけど・・・(笑)。

と、いろんな事を書いているうち家の外を眺めると雪。岐阜はもっと降っているだろう。
ちゃんと会場まで辿り着けるかな・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-