FC2ブログ

日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”

日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”
(2011/11)
山田 昭男

商品詳細を見る

ちょうど今から1ヶ月前にベンチマークツアーに出掛けた際、記念に頂いた本書。なんと山田相談役のサイン入り。書かれていることもお約束通り。言われたいことは実にシンプルで分かりやすい。

変な決まり

本書を読みながら、山田相談役の講演内容や工場見学をオーバーラップさせていた。全くブレがない。本書の中味と自分の目で確認した現場にずれが見当たらない。

こういう言い方は失礼にあたるかもしれないが、一般に経営者が出版されるビジネス書の場合、その本人の理想と現場の実態が乖離していることが少なくない。トップの思想が途中段階で歪曲化されてしまったり、現場の想いを吸い上げられていなかったりするケースはあるように思える。

しかし、本書の場合、僕が自分の目で見た実感値もあるだろうが、それを感じない。
多くの取り組みは先のベンチマークツアーのブログで書いた通りだし、周知の事実でもあるが、それ以外にも山田相談役らしい取組みも紹介されているのが本書。新たな気づきもあるのだ。
マネできる面はまだ少ないが、少しでも社員が働きやすい環境、なおかつヤリガイを持って仕事に臨める環境を作っていかなければならない。

そして、山田相談役が言われている戦略を実行せねばならない。
「社長の仕事は、彼らに頑張ってもらうために”餅”をどうやって与えるかを考えることだ。これを戦略という。自分が現場に出ていて、それができるのか?」
まだまだ現場に出たいと思ってしまう自分は、この言葉を自分に言い聞かせなければならない。

もう一つ。
日本の97%の会社は4000万の経常利益が上げられていない。儲かっていない会社を参考にしても意味がないという。間違いない。自社の取り組みにおいても同様である。

本書を読むことで、自社の課題も見えてくる。
いや、自分の課題か・・・。少しずつ実践するしかないな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”】

日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”(2011/11)山田 昭男商品詳細を見るちょうど今から1ヶ月前にベンチマークツアーに出掛けた際、記念に頂いた本書。なんと山田相談役のサ

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-