FC2ブログ

中田英寿が見たFIFAワールドカップ

先週の日曜日、NHKの特番があった。中田英寿が見たワールドカップの特集だ。
ようやく本日見ることができた。

その第一印象は、随分穏やかな表情になったなあという感じか。
現役のサッカー選手の呪縛から解き放たれたことや世界中を飛び回り多くに人と触れ合い、そこで感じ取ったことが要因かとも思うが、それに関する書物も読んでないので、本当のところはわからない。
ただ、現役の頃の全身から発していたピリピリした緊張感はなくなっていた。

その番組では、日本代表の戦いぶりやスペインのパスサッカーの戦術に対しての評論や、南アフリカ共和国の各地域を訪れ、現地の人たちの触れ合うシーンが描かれいた。
そのボキャブラリーの豊富さと観察眼はさすがと感心させるものであったし、サッカーに対する愛情も感じる事ができた。

今回の南アフリカ共和国での開催は、その安全面やインフラなどで疑問視される面もあったが、中田は全く異なり、これからのサッカーが与える影響を考えると、この地で行う意味は大いにあったというようなコメントを述べていた。
日本人として最もグローバルにサッカーを捉えているのは、中田英寿なのかもしれない。

サッカーを引退した理由が、「楽しくなくなった」というシンプルな理由だったが、サッカーを愛する気持ちは変わらないという。そして、現役に復帰したい、またプロサッカー選手として活躍したい気持ちは、50歳になっても
60歳になっても続くだろうという。きっと本音だろう。

この番組を見て、以前よりもかなり大人になったと失礼ながら感じた。元々、そのコメントは幼稚でなく大人のコメントだったが、他人を受け入れない冷たさと硬さが潜んでいた。
それがいい意味で丸くなり、一皮向けた大人になったように思える。
(大変失礼なコメントですみません)

彼の今後の活躍にも期待したい。
あの鍛えた体格を見ると、今すぐでも現役でやれそうな気がするのだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : サッカーワールドカップ
ジャンル : スポーツ

tag : 中田英寿 ワールドカップ 南アフリカ共和国

コメント

非公開コメント

No title

なんとなく好々爺になったような印象も。

たしかに独逸の直前はピリピリどころかとてもイヤ~な毒素のオーラを滲み出してて、
当時のドキュメント本を読んでもやっぱりその通りで、こりゃチームワークも崩れて惨敗するわけだよな、と思いましたな。

独逸杯の数カ月くらい前から、彼は明らかに衰えてましたな。なんつーか試合カンというか。志村後ろ後ろー状態でボールを奪られるシーンを何度見たことか。年齢も合ったしたしかクラブでも試合に出れてなかった。
自分ができると思うほどもう神経と筋肉がついてこず、それで「もう大したことないくせになんだその上から目線は」とチームメイトに嫌われる。

やはり彼はいくらスペックが高くてもアオレンジャーでリーダーではなく、あいにくG子ジャパンにはキレンジャーとミドレンジャーばかりでアカレンジャーがいなかった、と。

その点、長谷部と川口のダブルアカレンジャー体制はすごくうまく回ったみたいですな。
きっとヒデも「このW杯でオレやりたかった」と思ったような気がします。

おーなんか組織論みたい。

旅人になって丸くなった彼が組織とかに戻ってさて今度はどうか気になるところです。コメンテーターじゃなくてもっと経験を次世代に伝授する立場になってほしいし。

おおっと長くなってしまいました。ついサッカー話になると。
プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-