FC2ブログ

世界の経営学者はいま何を考えているのか

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
(2012/11/13)
入山 章栄

商品詳細を見る

いろんな場で紹介されているので、つい手に取った本書。

経営者の書籍はスムーズに体に入り込んでいく。経営全般の書籍も比較的、体に染み込みやすい。
しかし、経営学となると話は別。この一冊を読み終えるのに随分と時間を費やしてしまった。「経営学」とか「経営学者」と言った途端に体に入り込むスピードは落ち、なおかつ、思うように吸収することができない。

それだけ自分の勉強嫌いや学習能力の低さが表れてしまったようだ。本棚の飾りになりそうな気配満々なのだが、時には読み返す必要はあるだろう。

赤線を引っ張った箇所を抜き出ししても
「ハイパー・コンペティション下では、理論的には、より積極的な競争行動をとる企業のほうが高い業績を実現できる。」
「一時的な競争優位を連鎖するように獲得していくことが、現代に求められることなのです。」
「競争優位を実現できる企業はもはや全体の2~5%しかないのです。」

と別々の箇所をつなげるだけでも、先端の競争戦略を理解することは可能。

また、こんなことも書かれていたり・・・。
「不確定の時代に計画主義は通用しない、と唱えるのが「学習主義」を支持する学者たちです。」
「「考える前に、まずやってみるべき」というのが学習派の主張です。行動していくうちに市場の状況や顧客の好みなどを学習し、徐々に自らの事業計画もはっきりわかっていくだろう、不確実性が高いときにはむしろそのほうが効果的だ、というわけです。」


まさに、Webサービスを中心に考える戦略ならば、ぴったりと当てはまるといえるだろう。

と、書籍から抜粋して、ブログの書評をごまかしているわけだが(笑)、全てを読み通して理解するのは一度読んだだけでは難しいだろう。
そもそも学習することは、一度で習得できないわけだし・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 世界の経営学者はいま何を考えているのか

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-