FC2ブログ

初めて学ぶランチェスター

本日、名古屋商工会議所主催のランチェスター経営戦略セミナーに参加した。以前から、その言葉は聞いた事があり興味は持っていたが、詳しく本を読んだり、何かで学ぶことはなかったので、いい勉強の機会を頂いた。

経営戦略自体は、要所要所で学んでいるので、その全体像はおおまかには理解しているつもりではいる。しかし、つもりでしかないため、抜けも多ければ、現場での実践もどこまで整合性があり、強みを生かしきれているかは疑問がある。
そんな意味では戦略と戦術の違いなど、初歩的な振り返りから、経営について講義いただいたのはあり難かった。ランチェスター戦略を一言で言うと、戦わずして勝つ、勝てるフィールドに立つためにはどうすべきかということ。

特に中小企業は、大手企業の強者の戦略とは異なり、弱者の戦略を選択しなければならない。講師が言われるには、強者の戦略を選択できるのは、300万社存在する日本の企業の中で、せいぜい5%だという。ほとんどの企業が弱者の戦略を選択しないと成功することは難しい。
ここで成功するというのは、ある分野でトップシェアを取ること。
小さくても1位になること。できるだけ絞り込んで、小さなマーケットでトップをとる。そのための戦い方を考えるのがランチェスター経営戦略の基本。
それも商品、地域、客層のどこに優先順位を置くかが重要。
売上をアップさせるとか、販売エリアを拡大させるという考え方は全く適さず、その戦略に走ると中小企業の場合、ほとんどが失敗に終わるらしい。
特に安売りを主眼に置いた戦略では、過去の事例からも悲惨な結末を迎えるケースが圧倒なのだそうだ。
確かに急成長した企業が、あるきっかけで気がつけば破綻なんてことは、新聞でもよく目にする。

このランチェスター戦略を自社にどうやって活かすかなんて、すぐに対応できることでもないが、何らかの参考になったのも事実であるし、もっと深く学習する必要性も感じた。
過去30年のトレンドを見ると、ここからの数年、倒産する中小企業が増えるのは確実らしい。その厳しい環境の中で、シェアを確保し勝ち残こる戦略を考えるのが経営者の重要な仕事だ。
勝ち方、知恵、考え方など、外からは見えないものにどれだけ取り組むことができるのか。

本日、初めて接したランチェスター戦略で考えさせられることは多い。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ランチェスター経営戦略

コメント

非公開コメント

No title

ランチェスターってたしか空爆理論でしたな。弱者の戦略もちゃんと用意されてて、ガッツOK牧場石松も8人相手に戦った時に使ったという。弱そうなヤツをまずぼっこぼこにせよの術。あれ?ちがったっけ?
プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-