FC2ブログ

「社会人基礎力」セミナー

本日は、先日お会いした経済産業省の方に教えていただいた社会人基礎力育成事例研究セミナーに参加した。
進学塾の河合塾が委託を受けて行っている事業で、何気なく参加するものの、会場には200名を超える参加者が集まり、熱気に包まれていた。学校関係者の参加が多いように思われた。

最近はゆとり教育の影響なのか、就業意識の低下が影響しているのか、大学生の姿勢に対して不満を持つ企業が増えている。
その不満を解消するための方策として、大学内では社会人基礎力を身につけるための様々な取組みが行われている。それ事例の発表の場がこのセミナーの主旨である。

そもそも社会人基礎力とは、3つの能力、12の能力要素に分類される。
3つの能力は、前に踏み出す力(アクション)、考え抜く力(シンキング)、チームで働く力(チームワーク)で、
その3つが更に主体性であるとか、課題発見力とか、発信力とか細かい12の能力要素に分けられる。
ここには、マナーや慣習は含まれておらず、どちらかといえば目に見えない人としてのあり方を表しているように思える。

これまで学校では、基礎学力や専門知識などカタチに表しやすいことを教育するのが中心であったが、今後、職場や地域で活躍するためには、それ以外の能力が重要で、それが社会人基礎力にあたる。
今回は、4つの大学の取組み事例をその大学の教育担当者が各々の立場から発表された。大学によりその手法は全く異なるが、学生を何とか社会に通用する人材に育てたいという熱い想いは全ての方から伝わってきた。

今回の話を通して、我々が想像している以上に学生を育てることは難しいし、大学関係者を味方に巻き込んで進めるのは、いくつも越えなけければならないハードルがあることを感じた。
それに教育側に必要とされるスキルは、傾聴と反射などキャリアカウンセラーが身に付けているスキルであると痛切に感じた。いかに学生が心の底で思っていることを引き出し、自らに気づきを与えるのが重要である。

このプロジェクトは歴史も浅いため、これから本当の成果を発揮していくことになるのだろうが、今後の活動に期待したい。我々もいくつかの場面で成果を発揮していくための協力はしていきたい。

より社会人して生き抜く力をもった人材が、これからの企業を牽引するのは間違いないのだから・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 社会人基礎力

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-