FC2ブログ

ともに戦える「仲間」のつくり方

ともに戦える「仲間」のつくり方ともに戦える「仲間」のつくり方
(2013/03/28)
南 壮一郎

商品詳細を見る

5月に開催された日本の人事部主催「HRカンファレンス」で参加したビズリーチ南社長の講演でいただいた本書。(何だか最近もらってばっかだ。)もっと早い段階で読むつもりだったがズルズルときてしまった。

素直な感想でいえば、相当無謀な計画と行動を若さと勢いで乗り越えたなという印象。今や我々の人材業界でも特異な存在として一定のポジションを築き、猛烈な成長力を示しているわけだから、僕の感想なんて弱者の遠吠えにしか聞こえないだろうけど・・・。

本書でビズリーチのビジネスモデルを少しでも吸収しようと思ったが、それは甘い考えだった。どんな事業ドメインでシェアを確保しているのかは一切わからない。
そんなノウハウを簡単に提供するわけないでしょと言われてしまえばそれまでで、それに期待している僕はつくづく甘い。本当に知りたければ会いに行け!(笑)。

本書はいわゆる創業物語で、企業の立ち上げから軌道に乗せるまでの期間の仕組み作りを克明に描いている。仲間の存在をクローズアップさせて。
多分、経験の長い経営者や幹部の方に響くことは少ないかと思うが、これから起業を志す若者やチーム作りに悩む若手リーダーには感動を覚えさせる書籍だと思う。

世の中にはいろんな経営者がいて、社員を奴隷のように扱うトップもいるだろうが、大半は社員を仲間や同志と捉え業務を進める人がほとんど。本書に書かれていることを過去の事例として振り返ることも多いのではなかろうか。

ただ凄いと思うのはリーマンショック後の業界がどん底時代にこの事業を作り上げたこと。事業の存続や売り上げの減少に悩ませている時期に新たな打ち手を出す力には感動と共に尊敬する。僕はそんなことはできないと思うし・・・。

南社長にいつかお会いする時があるとすれば、業界の先輩として恥ずかしくない態度で接したい(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ともに戦える「仲間」の作り方

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-