FC2ブログ

良い叱り方の巻

この3連休はあえて予定を入れなかった。
先週までドタバタ状態で来週からも忙しくなるのとちゃんと真面目に勉強しないとヤバいという理由から・・・。勉強することはファイナンス。

これまでカネ系の勉強は避けて通ってきたが、さすがにこの立場になるとそうはいかない。少しでも知識を身に付けようと今回通い始めたビジネススクールでとうとうその科目がやってきたのだ。

テキストを読んで眠くなる。懸命に理解しようと思っても全く頭に入らない。DCF法も正味現在価値もIRRも何のこっちゃって感じ。現実でどうやって生かせばいいのかさっぱり見当もつかない。

それでも知識くらいはつけないとまずいと思い、この3連休はそれなりに勉強した。多分、その時間に対しての知識量は比例していないだろうが・・・(涙)。

shikaru1

空いた時間に読んだ「日経トップリーダー」。今月の特集は”良い叱り方、良い褒め方”。この類の特集はいろんなビジネス誌も取り上げられており目新しさはない。しかし、リーダーにとって永遠に続くテーマ。頭で分かっていてもできないことは多いのだ。

僕自身も以前は随分と叱られた。叱られぱっなしと言っても過言ではない。そして、前社長によく言われたものだ。「叱る」と「怒る」は違うと・・・。上に立つ者は「叱る」と「怒る」の違いを身に付けねければならないと・・・。
自分では意識してきたつもりだが、本当にできたかどうかはかなり疑問。今でもそれは怪しいものだ。

この特集にははっきりと書かれている。
自分が主体なのが「怒る」。相手が主体なのが「叱る」。どんなに感情的なっても叱る時は客観的でなければならない。時々は再認識しないといけないこと。
もっと上手に叱れるようにならないといけないな・・・。もっと上手に褒めることの方が大事かもしれないけど。

それにしても本特集のケースはいかがなものか。失礼にあたるかもしれないが、もっと参考になるケースがあるのではないか。と思ってしまった。僕が慣れ過ぎてしまったせいもあるが・・・(苦笑)。

shikaru2

20年前、10年前と今と比較して、叱り方も変化しているのではないかと思う。表現は悪いが、世代によって叱り方のポイントも変わってくる。
はっきり言って、その変化は本質ではない。しかし、叱ることの本来の目的を考えた場合、その叱り方の悩みは尽きないのかも。

2500年前の「論語」でも叱り方の在り方について言及しているのだから・・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-