FC2ブログ

残念な人にならないために・・・。

今週火曜日に出席した日本経済新聞のセミナー。(なんだがセミナーばっかり行ってるようで、仕事してないみたい(笑)。夜ですからね、夜。)
講師は愛知県出身で「残念な人」シリーズ(?)で有名な山崎将志氏。申し訳ないけど、著書を一冊も読んだことがない。すみません・・・。

ただご活躍は存じ上げている。たまにテレビでもお見かけし、誰かに似ているなあとずっと講演中も考えていた。そして、誰に似ているか判明した。
そう、お笑いコンビしずるの池田一真さん!。そんな事を思っているのは僕だけだろうか・・・(笑)。

この山崎氏、自虐的に話はされているが、講演内容を伺っているだけで実に頭がいい人であるのがわかる。元コンサルタントという職業から論理的に話をされるのもその要因だが、物事に対する目の付け所が鋭く、普通であれば見逃してしまいそうな些細な事柄からビジネスチャンスを導き出す。
隠された重要課題の発見能力とそこから次につなげる発想力には大いに感服。漫然と生きている自分がいかにボケているかを痛感してしまった。

山崎氏が得意とするテーマ「残念な人」は能力がないわけではなく、もったいない人のことをいう。仕事の成果は能力×ヤル気×プライオリティ。

プライオリティが欠けることが多いようだ。そこを見極めることでもったいない人から解放される。確かにそんな空回りする人はよく見かける。「山田さん、アナタでしょ!」と言われる方も多いだろうが、僕はそこそこ要領はいい。と自分では思っている(笑)。

今回のセミナーでは残念な人から脱し、成果を出す思考法について学ばせて頂いた。詳しく書くことはできないが、大事なのは3点。
「大きく構える」「利他のサイクル」「損してトクとれ」。このシンプルなワードだけでは何もイメージできないかもしれないが、思考を鍛えるには教えてもらうのではなく、無理やりにでもイメージする事かもしれない。

残念ながら講演から5日経つと僕もかなり忘れてしまっている。残念な人だ・・・。
言えるのはヒントはそこらじゅうに転がっているということ。新聞や本を読んで情報収集することも街を歩くことも、このような講演に参加することもその材料。見過ごさないことだ。ダラダラに見過ごしている僕は残念極まりないが、それに気づいただけでも成果があったといえよう。

う~ん、かなり厳しい言い訳だな・・・。ちゃんと事業家の視点で世の中を視ようよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-