スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント

星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント 1 継ぐべきか、継がざるべきか星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント 1 継ぐべきか、継がざるべきか
(2014/02/06)
中沢 康彦

商品詳細を見る


僕の今年の課題の一つにファミリービジネスについて学習することがある。僕がその対象であるわけではないが、自分を取り巻く環境にはこのことが語られることは多い。
以前はファミリビジネスーに関して軽んじてみていたが、知れば知るほど奥の深いものと感じるようになった。

本書では星野リゾート社長の星野佳路氏が様々な立場から事業(家業)を引き継いだ経営者と対談形式で書かれている。一般的にファミリーによる事業継承は3つだと言われるようだ。

①一貫して「継ぐ」ことを意識。
②卒業時に「継ぐ」ことを決める。
③「継がない」から「継ぐ」に転じるケース。
大きく分けるとこのように分類される。

理想は①のように物心ついた時から意識しているパターンかもしれないが、今の時代、そんなケースは少ないようだ。むしろ③のように違う道を選択しながら結局戻ってくるケースが多い。
僕の周りにも全く異なる業界で仕事をされていながら、最終的には親の意志を自分の意志に変えて引き継いでいる方も目立つ。そこにはサラリーマンでは絶対にわからない覚悟がある。

世間には僕みたいにサラリーマンからトップになる珍しいケースもあり、それにはそれなりの覚悟も必要なのだが、その覚悟はまだ甘いのかもしれない。全然違う階段を登っている。

僕のような場合は共に働く仲間は納得し賛同してもらいやすいが、ファミリーの場合はお手並み拝見とある種冷めた目で見られる場合も多いだろう。それも口には出さず態度だけで眺めているケースもあるはずだ。
いくら権力を保持していてもその権力は場合によっては仇となってしまうだろうし・・・。

星野氏は自らの経験を踏まえ、継ぐべきか、継がざるべきかという判断を迫られた場合、明確に「継ぐべき」と断言している。それが企業としての成長や存続に繋がりやすい根拠を示しながら断言しているのだ。

ここに登場する方は数少ない事例に過ぎない。ひとつのドラマに過ぎない。僕がまだまだ知らなければならないドラマも沢山あるように思う。
そのためにもっと深く学ばなければならないことも多いようだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。