スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最古の企業に学ぶ

23日(金)から今日までは東京でファミリービジネスについて学ぶ。

ginza1452

一昨日は「世界最古の企業 金剛組」というタイトルで講演を拝聴した。金剛組が以前ビジネス誌で紹介されていて、世界で一番古い会社であることは知っていた。
宮大工の集団で四天王寺をはじめとする社寺の建築を行っていたことを知る程度だけだけど・・・。今回はその背景や事業継承について多くの学びを得た。

そもそも日本は伝統的な企業が多く、創業200年以上を有する企業は3113社だという(出所によって多少異なる?)。おとなり韓国はゼロ、中国も64社しかない。2位のドイツも1563社でダントツ1位。
その99%がファミリービジネス(同族企業)というから日本がいかにそれに支えられているかはデータだけでも認識できる。

その中でも最も歴史があるのが金剛組。創業が578年だから1400年以上続いている。実際には2006年には高松建設に株式譲渡されているので、ファミリーとは言い難いが現存では間違いないようだ。
(ここ最近はドロドロした部分が多いようだけど・・・。あまり語らないでおこう(笑))

同族企業がいかに継続するかは、その家訓や創業の理念がいかに浸透し継承されているかが重要だという。もちろん外部環境も大切で、韓国や中国にファミリーが少ない理由は戦争が多いなど民族間の争いが絶えない背景もあるとのこと。

NHKドラマ「黒田官兵衛」の世界もあるが、国民全体をぶち壊す争いではないことも大きい。そしてもっと大切なのは老舗は何にこだわるかを明確にできているかどうか。

金剛組は社寺の建築にこだわり、近代建築に流れなかったため、そこまでの歴史を描いてきたようだ。それが老舗として守り続けなければいけない面であり、過去歴史のある企業が淘汰される背景はむやみに選択した多角化が原因でもある。

最終的に金剛組が最終的に他の資本に渡ったのも、創業の理念から離れていったことが大きな理由であるようだし・・・。大きな声では言えないが、銀行が足を引っ張るケースも多いみたい。老舗だから大丈夫とお金は貸すようだけど。それではちょっとね・・・(汗)。

結果的にファミリーに限らず企業が存続する要因は地元地域との関係性であり、顧客との関係性であり、技術・技能の維持であり、後継者育成である。他にも脇役の存在もあるが、国内に限らずヨーロッパのようなファミリー大国も同様のことが言えるようだ。聞けば聞くほど大変な世界だと思えてくる・・・。

昨日の研修はガバナンスが中心。その前にあまりに天気が良かったので、一人寂しく皇居を走ってみたり・・・。

ginza1452

こんな標識が今はずらっと並んでるんですね・・・。

ginza1451

老舗企業を学びながら繁栄と衰退を知ることとなったのでした。
今日も一日真剣に学びます。途中で眠くなってしまうかもしれませんが・・・(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。