FC2ブログ

ザックジャパンを喜ぶ。

オーストラリア代表を延長戦で制し、日本代表アジアカップで優勝した。
本当に喜ばしい。昨晩のtwitterのツイートの数を見るだけで、あの時間帯に声援を送っていた人の多さを物語っている。

本日のニュースも日本代表一色で、ザッケローニ監督の采配やチームの一体感、長友、川島の活躍を絶賛する報道が繰り返されていた。
全く異論はなく、ワールドカップからアジアカップに至る選手とチームの成長はまさにニュースで報じられている通りだと思う。
また、監督の試合終了後のコメントを読むと、何故、ザッケローニが代表監督として選ばれたかが理解できる。

監督就任当初は思い出す限り、不安視する要素も多かったように思う。イタリアでは既に終わった人であるとか、欧州人が日本の文化に合うのかなど、否定的な見方もあった。
しかし、結果だけ見れば、ザッケローニ監督ほど日本人の特性や強みを理解し、生かしてきた監督は歴代監督を見てもいないのではないだろうか。
オシム監督よりも岡田監督よりも、選手の能力の引き出し方が上手いように思える。
(あくまでも素人の考えであることをお許しいただきたい。)

川島、長友、本田、香川あたりが目立ったとはいえ、個で戦うのではなく組織で戦うチームである事は変わりなく、そのチームの一体感の醸成こそが日本の強みである事をザッケローニ監督は短い経験の中で掴んできたのだろう。

マスコミへの対応方法の指導があったかどうかは知らないが、それぞれの選手のコメントもチームを想い、他の選手を想う内容ばかりであった。
そう思うと試合の素晴らしさだけでなく、選手の人間性の素晴らしさを感じることのできた大会であった。

おかげさまで寝不足で、今日はランニングもできなかったがどうでもいい。朝から何度も李のボレーシュートを見ながら、感動の余韻に浸っていた。

これから益々、日本代表への期待感も高まるだろう。その分、プレッシャーも増えるだろう。
仕事の進め方、人の使い方にも大いに参考になる。
それも含めて、これからが楽しみである
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 日本代表 アジアカップ

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-