FC2ブログ

この先どうなっていくのかな? 

クラウド時代と<クール革命>を読む。

クラウド時代と<クール革命> (角川oneテーマ21)クラウド時代と<クール革命> (角川oneテーマ21)
(2010/03/10)
角川 歴彦

商品詳細を見る


少し話はずれるかもしれないが、広告会社に勤める友人の関わりあるデザイナーが仕事を探しているという。
そのデザイナーは、以前は東京で大物アーティストのCDジャケットのデザインを手掛けていたが、CDが全然売れなくなって、仕事が無くなり、地元である愛知に帰省し仕事探しているとの事。
これはipodの浸透により、その影響がデザイナーの仕事にまで及んでいる分かり易い例だろう。

また、最近はビジネススクールを受講するビジネスマンに、出版社や新聞社の社員が増えているとも聞く。
それだけ業界関係者の危機感が高いという表れだろう。

今回の著書は、まさにその影響が日本社会にどう影響を与え、どう受け止め、どう対応していくかが書かれている。
今、話題になっているiPadの売れ行きやアマゾンが考えるキンドルの戦略が市場を大きく掴んでいくとなると、世の中の仕組みが大きく変わる事も容易に予測できる。

これを著者は、否定的に捉えるのではなく、大手出版社のトップとして守りの姿勢で捉えるのではなく、どうやって向き合って融合させていくか提言している。
同時にこれは各業界の将来像に留まることではなく、日本全体に広がる問題にもなるのだろう。
クラウドを採用してコストを軽減させたはいいが、その情報は全て米国が握っている状況が事実としてあるからだ。

名大社もこの春からクラウドを活用しているが、そこまで踏まえた上での活用や議論は正直していない。
果たして<クール革命>で生き残れるかどうかはともかく、便利さと低コストとの引き換えに、これまでのビジネスの中では全く経験しなかった見えない未来と戦っていかなければならないだろう。

そう思うとiPadの発売を喜んでばかりはいられないのかな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

クラウドの危険な香り

実際、iPadではアップルが、
「日本のコミックで公序良俗に反するものは配信しない」と言い出したり、
iPhoneでは独自基準で警告なしにアプリが削除されてる模様。
アマゾンに至っては、ユーザーに断りもなく遠隔操作でキンドルの配信データを削除した事件も起きた。

つまり一企業が「どんな情報を世に出すか出させないか」を決めてしまう事態がおそれる間もなく早くも訪れてるわけで。

これと何かと批判の多い中国の検閲とどう違うのか、とさえ思ってしまいます。

クラウドにはとても危険な匂いがある。

そのデザイナーさんは大変そうだが、まだ東京に留まっていた方が仕事はあったんじゃないかしらん。
プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-