FC2ブログ

緊張感と余裕

名大社の勤務時間は9:00~17:00。
一般的な企業と同じである。9時までに出社すれば遅刻にならないが、ほとんどの社員が8時過ぎには出社している。8時半には正社員全員が出揃っているといっても大袈裟な表現ではない。

僕が会社に入社した頃は、定時の10分前くらいに出社する社員がほとんどだったが、徐々に社内の雰囲気が変わり今の行動パターンに変化していった。朝が苦手な社員については辛いのかもしれないが、僕はこの傾向はとても良いことだと思っている。

一日の業務をスタートさせるのに余裕を持って臨めることは重要なこと。バタバタと慌てることなく業務に入ることができるわけだ。
そして、それは同時に組織にいい緊張感を与える。出社がギリギリだといって叱られるわけでも非難されるわけでもない。そんな事で一々文句を言う社員はいない。

しかし、全体の雰囲気が与える影響は大きい。それは朝の出社への影響だけでなく、他の業務にも効いてくる。例えば、全体的な会議。会議開始前30分に席に着く愚かな者はいないが(当然だ・・)、1分たりとも遅れる者もいない。しっかりと時間通りにスタートする。当たり前といえば当たり前だが、意外に出来ていない会社が多いのが現状じゃないだろうか。

アポイントの時間も同様だ。約束の時間に1分でも遅れたら遅刻なのだ。それくらいの事を気にしない温和な担当者もみえるだろうが、合わせるのはそこではない。一番厳しい方に合わせるのが正しい考え方なのだ。
それを正確に続けることで信頼関係が生まれ、個人としても会社としても信用に結び付く。
だからこそ余裕を持った行動が必要。「電車が遅れて遅刻しました。」なんて話は余程のことがない限り発生しないのが今の会社の体質なのだ。それが組織におけるいい緊張感に繋がっていると考える。

くだらないと思われる方もいるだろうが、僕はそんな社員を誇りに思う。
とは言っても、まだまだ足りない面も山ほどあるんだけれど・・・。
もちろん、自分を中心に・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-