FC2ブログ

「決断の作法」を読む

新さんシリーズ第2弾(?) 大いに勉強になった「経営の教科書」の次の著書である。

決断の作法決断の作法
(2010/05/11)
新将命

商品詳細を見る

サブタイトルは、「正しい独裁の条件」。このタイトルからは、かなり例えは悪いが、昨日逮捕された商工ローン会社の社長の立ち振る舞いをイメージしてしまうかもしれない。(本当に例えは悪すぎるが・・・)

ここでいう正しい独裁とは「衆議独裁」ということである。
「衆議」とは、多くの人の意見を聞き、議論をするという意味である。「独裁」は言葉の響きはあまりよくないが、衆議を重ねた後で、最後は自分独りの判断で物事を裁決し、実行を指示するということである。と・・・。
多数決による民主主義的な結論のとり方であれば、経営者としての存在理由なんて必要がないということだ。
確かに数が多いからといって正しい判断にはならないし、経営者の中には少数意見にこそ正解があると考える方がいるくらいであるから当然の発想かもしれない。

また、こんなことも書かれている。
経営者は「無情」であってはならないが、ときには「非情」に徹しなければならない。「友情」によって経営判断が曇ってしまうことは許されないのだ。
これを読み取る分においては当たり前である。しかし、その当たり前が当たり前通りにできるかどうかは別問題ではないだろうか。自分自身を含め、情けに揺らぐことは、残念ながら付きまとう。
これまでのいろんな企業を見てみると、その判断で決定的な失敗もしているのだろうから、事あるごとに肝に銘じないといけないだろう。

そして、この著者は最後にこう締めくくっている。
いつかは必ず潰れてしまう運命を持つ会社の寿命を、どれだけ長く伸ばすことができるか。それはあなたの決断力にかかっている。愛情と非情のバランスを取りながら、しがらみにとらわれず前進してこそ、長寿を保つ「勝ち組企業」になることができるのだ。
重みのある言葉である。いくつかの企業のトップを歴任し、実際の現場で数多くの苦難を乗り越えてきたからこそ、発せられる言葉だろう。

駆け出し経営者の僕自身としては、言葉で理解できたとしても、身体の隅々まで沁みわたり浸透するにはまだまだ時間のかかることなのかもしれない。
ただ駆け出しだろうが、ベテランだろうが、世間は容赦するわけではないし、戦い方をそのレベルによって緩めるわけではない。

常に正しい判断ができるよう自分を鍛え続けるしかない。きっとそこには終わりがない世界なのだと思う。
「正しい独裁の条件」 頭の中で繰り返し繰り返し唱えなければならない。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 気になる本・雑誌
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

私も読みました

私も読みました.

独裁と言われようとも、責任が社長一人であるとすれば、

社長が決断しなくてはならないのでしょうね。

社長とはつらい職業だとわかります。
プロフィール

山田哲也

Author:山田哲也
出身/岐阜県岐阜市 
生年月日/1966年5月22日

大学卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月間アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-